9月15日、ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(10月6日)の前哨戦、G2・フォワ賞(芝2400m)で、C.スミヨン騎手とのコンビで挑戦した日本のキセキ(牡5・栗東・角居勝彦)が3着となった。勝ったのは昨年も同レースを制したヴァルトガイスト。勝ちタイムは2:27.57。

3着 キセキ
C.スミヨン騎手
「リラックスして先行出来たと思います。良いペースでコンディションも良かったと思います。ゴール前、ヴァルトガイストの脚は速かったですね。完璧にかわされてしまいました。自分の馬も諦めたわけではないので、最後まで頑張ってくれました。これを使ってもっと良くなると思います。もう少し馬場が柔らかい方がいいと思います。凱旋門賞は世界で一番相手が強いですが、この馬もこのレースを使って良くなると思います。次のレースへ向けてシェイプアップしてくれれば良いと思います」

【ローズS】ルメール「距離が…」レース後ジョッキーコメント

キセキが先手を奪ってレースを引っ張る

 4頭立てで行われたレースは、ヴァルトガイスト、シルバーウェーヴの仏G1馬に加え、仏G2勝ちのあるウェイトゥパリスと少頭数とはいえ、非常に濃いメンバーで行われた一戦となった。スミヨンの手に導かれて好スタートを切ったキセキは先手をあっさりと奪い、1馬身半差ほどのリードで隊列を引っ張った。綺麗に4頭縦に並んで淡々とレースを引っ張り、隊列は全く変わることなく直線へ向くと各馬スパートを開始。直線の半ばまでキセキは粘っていたが、徐々に遅れをとり3着入線となった。