9月15日(日)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ラリートルコの最終日デイ4が、トルコ南西部アスパランのサービスパークを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合6位で、クリス・ミーク/セブ・マーシャル組が総合7位でフィニッシュした。

また、前日デイリタイアしたオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組は、ラリー2規定に基づき再出走し総合16位で完走。ボーナスのドライバーおよびコ・ドライバー選手権ポイントがかかる最終のパワーステージでベストタイムを記録し、最大となる5ポイントを獲得した。

競技4日目のデイ4は、サービスパークの周辺と北側で4本のSSを走行。その合計距離は38.62kmと、非常に短い1日だった。ラトバラとミークは、金曜日午後のステージで降雨に見舞われ大幅にタイムロス。土曜日は理想的とはいえない出走順によりタイムが伸びず、ラトバラは総合6位、ミークは総合7位に留まった。総合5位のライバルとは50秒程度の差がついていたため、デイ4では順位を堅守する走りを続けフィニッシュ。彼らのポイント獲得により、トヨタはマニュファクチャラー選手権において、トップと19ポイント差で2位の座を守った。

再出走を果たしたタナックは、ボーナスの選手権ポイントがかかる最終のパワーステージに集中。車両重量を抑えるため、スペアタイヤを搭載せず最終日に臨んだ。WRカー勢では出走順がトップだったため不利な路面コンディションでの走行だったが、タナックは2番手タイムの選手に2.6秒差をつけるベストタイムを記録。最大となる5ポイントのボーナスを獲得し、2位に17ポイント差でドライバーズ選手権首位の座を堅守した。

トミ・マキネン(チーム代表)
「オィットはパワーステージを制し、ドライバーズ選手権にとって貴重な5ポイントを獲得。ヤリ-マティとクリスは何もトラブルなく完走を果たしました。昨日は我々にとって厳しい1日でしたが、それはきっと難しいコンディションのこのラリーに向けて、適切な準備ができていなかったのだと思います。残る3戦はいずれも我々のスピードを発揮できるラリーなので、シーズンの最後に向けて力強く戦えると確信しています」

オィット・タナック
「自分達に失うものは何もなかったので、全力でパワーステージに臨み、ポイントを獲得できた事を嬉しく思います。これで勢いがつき、モチベーションが高まりました。もちろん、昨日起きた事についてはまだ残念に思っています。それでも反撃に転じるつもりですし、失ったものを取り返さなければなりません。きっと、チームの皆もプッシュし続けてくれるはずです。シーズンは残り3戦なので、ベストを尽くし限界まで攻め続けるしかありません」





ヤリ-マティ・ラトバラ
「今日は良いリズムをキープし、運転を楽しもうと試みました。ステージはあまり大きな石がなく、荒れてもおらず良いコンディションでした。今年は、去年よりも良いパフォーマンスを発揮できるのではないかと期待してラリーに臨んだのですが、他のチームも進化していました。もちろん我々も改善を進めましたが、硬く石が多い路面で苦しみ、タイヤがかなり摩耗してしまったのが響きました。今後に向けての改善課題といえますが、次戦のウェールズは我々に合っているラリーなので期待が持てます」





クリス・ミーク
「今日の目標は順位を守り、チームにポイントをもたらす事でした。我々にとっては非常に厳しい週末となり、金曜日午後のロングステージで降雨により大きく遅れをとり、その結果土曜日は不利な出走順で走らなければなりませんでした。また、クルマのダメージを抑えるため、なかなかスピードを上げられませんでした。それでも、シーズン最後の3戦では、きっと強さを取り戻せるはずです」






ラリートルコ デイ4の結果
1. S.オジエ(シトロエンC3 WRC) 3:50:12.1
2. E.ラッピ(シトロエンC3 WRC) +34.7
3. A.ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +1:04.5
4. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC) +1:35.1
5. D.ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) +2:25.9
6. J-M.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +2:59.1
7. K.ミーク(トヨタ・ヤリスWRC) +3:53.3
8. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +5:34.8
9. P.ティデマンド(フォード・フィエスタWRC) +7:22.9
10. G.グリーンスミス(フォード・フィエスタR5) +15:18.7
--
16. O.タナック(トヨタ・ヤリスWRC) +39:10.2