ラリートルコ、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。コーナー中、ダストの中でディッチにはまり大量ロスを喫したティエリー・ヌービル。激戦のタイトル争いの中、わずかなことで状況が変わり得る過去の例を引き合いに必死に気持ちを高めようとしているようだ。
(カッコ内は順位の前日比)

[シトロエン・トタルWRT]
シトロエンC3 WRC
■セバスチャン・オジエ/総合首位(↑)



「とてもいいレグになった。いいペースで、C3 WRCにもテクニカル面での問題は一切なかった。簡単な一日ではなかったが、午前は大胆なタイヤチョイスを行って、それがうまくいった。午後は、ものすごい暑さとタイヤが減りやすいコンディションに対応しなくてはならなかった。慎重に、リスクを負い過ぎずにトラブルの可能性を最小限に抑えるようにした。ここからの目標は、この順位でフィニッシュラインを越えること。さらにパワーステージでポイントが獲れればボーナスだね」

■エサペッカ・ラッピ/総合2位(↓)



「今日を終えてリードしているか、2位かは問題ではない。大切なのは、このリザルトをチームに持ち帰ることだ。SS12で小さなミスはあったが、ここまでの自分のパフォーマンスにはとても満足している。今日も賢明なアプローチで好タイムを出せたし、C3 WRCはこの路面で明らかに速かった」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC
■アンドレアス・ミケルセン/総合3位(↑)



「今日はいいパフォーマンスが出せたし、しっかりペースも出ていたのでポジティブなことがたくさんある。最初のループ、SS8でダストのために小さなミスをしたが、それ以外はミスのない一日だった。マシンの動きは信じられないほどよく、自信を与えてくれた。タイヤマネジメントは今日も鍵となる部分だった。午後のループは終盤に向けてタイヤの減りが激しかったが、最終的にはいい形で最終日を迎えることができる」

■ダニ・ソルド/総合5位(↑)



「今日の目標は、マニュファクチャラーズ選手権でのライバルよりも上位に留まることだったので、それができた。今日もタフな一日だったが、自分たちにミスはなかった。全体的な戦略はよく、ループを通して一番パフォーマンスが出せるタイヤチョイスができた。ここからも何が起こるか分からないので、終盤のステージに専念してこのアドバンテージを維持しなくてはならない」

■ティエリー・ヌービル/総合8位(↓)
「今日、僕らが直面したことに残念な気持ちは隠さない。この戦いのために大変な努力を費やしてきたので、簡単に避けられたかもしれないと思うと受け入れがたい。とても単純なことだった。低速の右コーナーから左のタイトコーナーだった。ダストの中にコーナーが見えたが、小さなディッチにはまった。道に戻るまで4分近くをロスした。とにかく、プッシュを続けてポジティブな気持ちを持ち続けなくてはならない。タイトル争いがこれだけの激戦になっている中で、状況が簡単に一変することはこれまでに何度も見てきている」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC
■テーム・スニネン/総合4位(=)
「午前はリズムをつかむのに苦戦したが、午後はとてもいい内容でどのステージでもいいペースをつかめた。自分のタイヤはかなりいいコンディションだった。この点が自分の課題になっていたので、うれしい。残念ながらマシンに小さなダメージを負い、最後のステージではアドバンテージをフルには活かせなかった。ドライバーがエアロを少しずつ傷め続けてしまったからね! 今回は自分のベストを尽くすことを目指しに来た。4位に入れれば上々だと思うが、攻めて行かなくてはならないと思う。とにかく全開で攻めて、ポディウムに上がれるかどうかだと思う」

■ポンタス・ティデマンド/総合9位(↑)
「とても一日を楽しめたし、走行順が1番手だったのでラインを選ぶことはできたが、もちろんタイムはあまりよくはなかった。後続のためにラインを掃かなくてはならなかったが、いい勉強になったし、最後の2本はかなりいいリズムを感じられた」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC
■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合6位(↑)



「走行順2番手の中、今朝の最初のステージから、ルーズなグラベルが多くてとてもスリッパリーだった。短いステージではよくなり始め、3本目はとてもよかった。高速ステージでは自分と相性がよく、タイムも比較的良かった。午後は、プレッシャーを与え続けるためにロングステージでアタックを試みたが、タイヤの減りが激しく苦戦した。明日は走行順がよくなるので、他のみんなと自分の本当のパフォーマンスを比較しやすくなる。今後のため、タイヤの摩耗を減らすためにマシンの変更も行ってみる」

■クリス・ミーク/総合7位(=)



「タフな一日だった。砂利掃きが多かったが、この路面でのペースを改善するために取り組んだこともある。ベストを尽くしたが、自分たちより後に走るクルマが速い状態が続いた。明日は、とにかくフィニッシュしてマニュファクチャラーズ選手権のためにポイントを持ち帰らなくてはならない。自分とヤリ−マティは僅差だが、自分が上か彼が上になるかは、問題じゃない」

■オィット・タナック/SS9でデイリタイア



「午前最初のステージの後のリエゾンで、マシンが始動しなくなった。いろいろとやってみたし、原因を見つけようとしたが、内部の問題、ECUのトラブルのようだったので、自分たちにできることはなかった。もちろん悔しい。特に、初めてのタイトルを争っているこのような局面で起きたからね。間違いなく状況は厳しくなるが、仕方がない。受け入れて戦い続けるしかない」