全日本総合選手権
立命館大
早大 ×
○山内、松下-澤
◇(二塁打)丹野(1回、2回) ◇(三塁打)なし ◇(本塁打)なし

 全日本大学選手権(インカレ)の激闘から1週間、4年生にとっては現役生活最後となる大会が岡山県新見市で始まった。14年ぶりに全日本総合選手権(全総)に出場することになった早大は、初戦で立命館大と対戦。立命館大は佐藤夏己(2年)、早大は川上卓也副将(スポ4=岡山・新見)と大学男子日本代表に両チームの中心選手が選出されチームから離れるなど、控えを含めたお互いの総合力が試される一戦となった。


吉原の攻走守における活躍がこの試合は光った

 インカレ準優勝の勢いそのままに、早大は初回から得点を重ねた。先頭の吉原陸(スポ3=福島・安積)が三塁方向へのセーフティーバントで出塁。この試合で2番に入った高橋尚希(スポ3=宮城・泉館山)が四球で続くと、打席は丹野主将(スポ4=兵庫・滝川)にーー。「川上の代わりに入った打順ということで、川上にできるだけいい報告ができるように打てれば」と打席に入った丹野が6球目を引きつけると、打球は左中間を破り先制の2点適時打となった。2回にも吉原の一塁側へのセーフティーバントで好機を広げ、無死満塁で再び丹野に打席が回る。ここでも丹野が三塁線に強烈な打球を飛ばし、追加点を挙げた。織部雅之(スポ4=宮崎南)の中前打の間に丹野は本塁を陥れるなど、2回までの大量7得点の原動力となった。

 先発の山内壮起(スポ3=千葉・成田国際)は序盤からテンポ良く投球を重ねたが3回に失点。4回にも1失点を喫し、さらに2死一、三塁とピンチを迎えたが、ここで左前に落ちそうな当たりを吉原がダイビングキャッチ。野手陣は好守からも投手をもり立てていた。5回から登板した松下直矢(スポ3=京都・南陽)も1失点こそしたものの、最後は三者凡退に切って取るなど相手に決して主導権を渡さない投球を見せたと言えるだろう。早大は8―3と序盤のリードを守りきり、勝利を挙げた。


攻守両面でチームをもり立てた丹野

 この試合、遊撃以外は全て3年生以下が守備に就くなど、来年度以降を見据えても申し分ない布陣が敷かれていた。二塁を守った西村悠太郎(人2=福岡・筑紫丘)、右翼を守った杉本亮太(教3=神奈川・柏陽)にとっては久しぶりとなったスタメンでの出場。レギュラー獲りに向けては「打力が足りない」(西村)などと、前任である4年生との違いを、試合への出場を重ねていくことで選手たちは自覚していくはずだ。全総という大舞台で多くの選手が経験を積めたことは、初戦の何よりの収穫である。「全総で2勝したことがない」(織部)。ここから先は選手たちにとっても未知なる舞台、どのような結果に終わったとしても選手たちにとっては貴重な財産になるはずだ。

(記事 大島悠希、写真 橋本和奏)

コメント

丹野太郎主将(スポ4=兵庫・滝川)

――4年生最後の大会となりましたが、この大会にかける思いについて触れていただいてもよろしいですか

全日本総合選手権自体が14年ぶりの出場ということで、一戦一戦勝ちに行くというところ、今までやってきた僕らのチームとして最後なので、これまでやってきたソフトボールが大学勢以外のレベルの高い実業団やクラブチームを相手にどれだけ通じるかというのを知りに、一戦一戦やっていこうかなというふうに準備してきました。その中で準決勝でお互いがうまく勝ち上がると、もう1回日体大と対戦できるので、悔しいままでは終われないというふうに思っているので、できれば勝ち上がって日体大とやって勝つというところまでいけたらいいかなというふうに思って、全日本総合選手権に挑んでいます。

――きょう複数打点挙げられましたが、その部分について触れていただいてもよろしいですか

しょうがないんですけど、やっぱりインカレで打てればよかったなと塁では思ってしまいました。個人的には、3番を全日本総合選手権の初戦で打たせてもらいました。ここから先どうするかはこれから相談なんですけど、きょうはとりあえず3番ということで、川上(卓也副将、スポ4=岡山・新見)の代わりに入った打順ということで、川上にできるだけいい報告ができるように打てればなと思って、結果それなりに打てたのでまたあしたリセットなんですけど、一言卓也に打てたよという報告だけはしておこうかなと思います。

――あした以降の意気込みについてお願いします

相手はあした実業団のチームから入っていくので、レベルは高いと思うんですけど、本当に1年のラストとして、自分自身もですしチームとしても後悔しないような戦いぶりを発揮できたらなと思います。

織部雅之(スポ4=宮崎南)

――今回が最後の大会となりますが、全日本大学選手権(インカレ)を終えてからどのような準備をされてきましたか

インカレが終わってからこっちに来るまであまり期間がなかったので、とりあえずインカレの調子を継続させるということで、いいイメージを持って調整という感じでやっていました。

――DPでのスタメンとなりましたが、きょうの試合を振り返っていかがですか

調子が良く、しっかりバットも振れていたので、きょうも打てるなというような感覚はありました。

――あした以降への意気込みをお願いします

全総で2勝したことが確かないみたいなので、まずあした1勝して、あとは歴史をつくって、そこから全総のタイトルをとれるように一戦一戦頑張っていきたいです。

吉原陸(スポ3=福島・安積)

――今大会に懸ける意気込みについてお願いします

やはりインカレ(全日本大学選手権)で頂点を取れなかったので、インカレでできなかったことを取り戻す・リベンジする大会という意気込みで臨んでます。

――全日本大学選手権(インカレ)の後半から足を生かしての出塁が目立ちますが、その部分について

その(足を生かす)役割がチームからは求められていて、これまで練習してきたので、それが今成果となって出てきているのでいい傾向だと思います。

――きょうは全打席出塁となりましたが

自分としては100点を挙げたいと思います。毎回(自分に)100点を与えないといけないポジションにいると思うので、あしたも頑張りたいと思います。

――守備面でもダイビングキャッチがあったりと活躍しましたが

自分自身外野守備は大好きで楽しくできてるので、ヒット性の当たりもアウトにできるのが自分の特徴だと思うので最高でした!

――走塁面ではアウトになる場面もありましたが

(3回の)ホームの場面は回していい場面だったと思うので外野手の守備が上でした。(5回の場面は)自分のミスだったので、流れを切ってしまわないように、帰ってから反省します。

――これからの意気込みをお願いします

日体大に当たるまで負けない、日体大を倒すことに向かって、皆で一つになって頑張りたいと思います。

杉本亮太(教3=神奈川・柏陽)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

今までになかったインカレ(全日本大学選手権)後の大会ということで、気持ちの切り替えとか大変で、入りとかも大変になるのではないかと思っていたんですけど、とりあえず勝てて良かったなという感じです。

――あしたからは金子選手(太副将、教4=埼玉・川越)が戻ってこられますが、それについて触れていただいてもよろしいですか

どっちが出るかはよくわからないんですけど、金子さんが来ると盛り上がるし、そういう意味でチームにはプラスになると思うので、早く戻ってきてほしいですね。

――久しぶりの守備でしたが、それについてはいかがですか

本当に久しぶりだったのでめちゃくちゃ緊張しました。結構バッティングというよりは守備が怖かったなと思います。

――あしたへ向けての意気込みをお願いします

あまりやることのない、レベルの高いチームとやることになるので、出られればいい経験になると思うので、自分のやってきたところ、特に小技というのを成功させられればいいなと思います。

西村悠太郎(人2=福岡・筑紫丘)

――川上選手(卓也副将、スポ4=新見)が抜けて、セカンドでの出場となりましたが、その部分について触れていただいてもよろしいですか

卓也さんが今まで1年生の時からずっと引っ張ってくれていて、やっぱり卓也さんの後釜というのは結構プレッシャーなんですけど、とりあえず自分にできることだけを考えてプレーするようにしていました。

――今後のレギュラー取りに向けて足りないと感じている部分などはありますか

大まかに言えば打力が足りないですね。

――あした以降への意気込みをお願いします

きょう自分のちょっと凡退で結構流れを潰してしまったところがあるので、切り替えてあしたから頑張っていきたいと思います。