J1リーグ第26節、ヴィッセル神戸は松本山雅をホームに迎えた。17位と降格圏内の松本が勝てば、神戸を残留争いに巻き込み、より大混戦になる。両チームにとって勝ち点3が絶対に必要な試合だ。

 神戸はケガのアンドレス・イニエスタを欠くものの、6試合ぶりにダビド・ビジャをスタメンで起用。守備の堅い松本をどう崩すかに注目が集まった。

 試合開始から松本は3トップぎみとなり、神戸の最終ラインからのビルドアップを抑えにかかった。しかし、神戸は長短のパスをうまく使い、時には松本の3バックの外側にロングパスを通すなどして、徐々にペースをつかんでいく。

 すると前半13分、左サイドで酒井高徳の縦パスを受けたビジャが、得意の左45度から鮮やかなシュートを決めて神戸が先制する。



松本山雅戦で先制ゴールを奪ったダビド・ビジャ(ヴィッセル神戸)

 その後も神戸が主導権を握り、松本ゴールに迫るが、堅い守備を崩せず追加点が奪えない。松本も数少ないチャンスから、前半35分に中美慶哉がシュートを放つが、神戸GK前川黛也のファインセーブにふせがれる。前半はそのまま神戸が1-0で折り返した。

 後半に入っても、神戸は攻撃の手を緩めず何度もチャンスを作るが、松本の体を張った守備に追加点が奪えない。松本も得意のカウンターがうまくいかず、重苦しい展開となった。

 後半35分、神戸は中央左からセルジ・サンペールが右サイドの西大伍にパスを送ると、西は絶妙なクロスを中央に折り返す。それを途中出場の小川慶治朗がヘッドで押し込み、神戸が貴重な追加点を決めた。その後、アディショナルタイムに松本が1点を返すものの、神戸が2-1で逃げ切り、勝ち点3を奪った。

 この試合の主役はビジャだった。6試合ぶりのスタメン出場で先制点を決めたのはもちろん、前半40分には右からのクロスを胸トラップしシュートを打つなど、積極的にゴールを狙った。37歳とはいえ、決してサボることはなく、攻守に最後まで走っていた。さすがに後半途中からは運動量が落ちたが、彼の存在がイニエスタ不在を感じさせなかった。

 トルステン・フィンク監督の手腕にも注目したい。就任してからの数試合は、しっかりと相手をスカウティングして、相手のストロングポイントを消し、数少ないチャンスをモノにするサッカーをしていた。

 だが、現役ベルギー代表のトーマス・フェルマーレン、元日本代表の酒井高徳を補強し、第23節の浦和レッズ戦からはシステムを4バックから3バックに変更した。すると、最終ラインからのビルドアップが安定し、その後松本戦までの4試合で13得点と爆発した。

 フェルマーレン、ダンクレー、大崎玲央の3バックは安定感があり、サンペールをアンカーに置き、山口蛍をインサイドハーフに上げ、両アウトサイドに酒井と西という経験豊富な選手を置いたシステムは、より攻撃的に機能している。それは、イニエスタ頼みのサッカーから脱皮しようとしているように見えた。

 もちろん、今までと同様、相手のスカウティングも忘れてはいない。松本戦でも、相手のストロングであるカウンターをほぼ完全に抑えていた。

 松本に勝ったからといって、完全に残留争いから脱出したわけではない。次節にはイニエスタが復帰する可能性があり、さらにルーカス・ポドルスキも復帰できる状態にある。こうなると外国人選手の出場枠の問題もでてくる。

 残り8試合。フィンク監督はどんな先発メンバーを選んで、どういうサッカーをするのか。その手腕に注目したい。