<写真・110メートルHで学院記録を更新した清水>

   9月14日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場にて天皇賜盃第88回日本学生陸上競技対校選手権大会3日目が行われ、関学からは7種目に出場した。

   110メートルH準決勝には清水(国2)が出場。13秒81で自己記録と学院記録を更新し、決勝に進出。13秒95で表彰台にはあと1歩及ばなかったものの、この種目で関学史上最高成績の4位入賞を果たした。800メートル準決勝では、花村(法4)が1分49秒66であすの決勝進出を決めた。さらに200メートル予選において、伊里(人4)と桒原(人2) があすの準決勝に進出。きのうから2日間にかけて行われている十種競技では、川上(人2)が総合7062点を獲得。自己ベストを更新し、5位入賞を果たした。

    あすは同会場にて大会最終日が行われる。

結果の詳細

110メートルH 準決勝

1組2着 清水 13秒81

110メートルH 決勝

4位 清水 13秒95

女子砲丸投 決勝

10位 広沢(社2)13メートル95

800メートル 予選

1組4着 一ノ宮(商2)1分52秒36

3組1着 花村 1分50秒94

7組8着 和仁(国4)1分58秒03

200メートル 予選

2組1着 伊里 21秒13

4組4着 桒原 21秒15

7組7着 丘田(社2)21秒96

800メートル 準決勝

3組2着 花村 1分49秒66

110メートルH 決勝

4位 清水 13秒95

5000メートル 決勝

14位 石井(経4)14分13秒17

4×400メートルリレー 予選

4組3着 

國枝(商2)ー山田(人2)ー片山(文1)ー樋口(人3)3分9秒50

十種競技 

5位 川上 7062点