関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)3日目、ここまで勝利のない早大は春の王者、そして秋季リーグ2連勝中の東女体大と対戦した。この日は三郷市総合体育館開催されるということで、試合前に埼玉県出身選手の名前がアナウンスされるなど、普段とは少し違う雰囲気の中試合が行われた。前半は、序盤から積極的な姿勢を見せる早大が王者に食らいつき、ロースコアで試合が推移していく。善戦しながらも終盤の連続失点により2点ビハインドで前半を折り返すと後半は完全に東女体大のペースに。4連続失点を喫するなど攻守で圧倒され、最終的には8点差の大敗となってしまった。

 前半、持ち味を発揮し流れを掴んだのは早大だった。開始直後いきなり大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)が2連続セーブを見せると、前回の東海大戦の序盤と同様、積極的なポジションチェンジで相手ディフェンスをかく乱。衣川直緒(社3=愛知・星城)がサイドシュートを、岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)が反転からのシュートを決め、幸先良く2点を先制する。その後、東女体大がセットオフェンスから圧力を強めてくるが、大沢の左足一本でのシュートストップや3枚目のブロックなどの早大の集中したディフェンスで簡単には得点を許さず。逆に東女体大はなかなか上手くいかない焦りからか徐々にミスが増え始める。前半11分という早いタイミングで東女体大がタイムアウトを取ったことからもわかるように、点差以上に早大の良さが目立った序盤だった。良い時間にリードを広げたい早大だったが、相手は地力に勝る東女体大。途中出場の佐藤優花(スポ1=東京・佼成学園女)が反転から見事なループシュートを決めるなど好プレーもあったが、なかなか連続得点を奪うことができない。すると終盤、相手に連続得点を許しこの試合初めて2点差を付けられてしまう。直後にタイムアウトを取り、セットオフェンスからゴールを目指すもシュートを打つことはできずに前半終了。7ー9で前半を終えた。


カットインからシュートを放つ吉田

 「ロースコアのゲームに持っていこうと話していた」(杉山瑞樹主将、社4=神奈川・横浜創英)というプラン通りの展開で前半を終えた早大だったが、後半は苦しい展開に。速攻から吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)がゴールを決めて1点差に迫ったが、その後は徐々に点差を広げられてしまう。「シュートやリバウンドの差が出てしまった」(杉山主将)という言葉にもある通り、ルーズボールへの対応やシュート精度など、勝利への執着心を感じさせるプレーを見せる東女体大に対してなかなか自分たちのプレーを見せることができない。その後も勢いに乗った相手に4連続得点を許すなど、終盤はワンサイドゲームに。相手の2分間退場による2度の数的優位の場面や、中盤の紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)の連続得点で2点差に迫った場面など、チャンスはあったものの活かすことは出来なかった。結局、14-22の大差で敗北。後半の7得点のうち、セットオフェンスからの得点はわずかに1点と攻撃面に大きな課題を残し、秋季リーグ3戦未勝利となってしまった。


チームに先制点をもたらした衣川

 「前半闘えていただけに負けゲームになってしまいもったいなかった」という杉山主将の言葉通り、勝利の可能性を十分に感じさせる前半だったからこそ、後半の内容は悔しさが残るものであった。ただ、前回対戦時には前半だけで10点差をつけられ、歯が立たなかった相手に可能性を感じさせる内容の試合ができたことは評価できるだろう。だが、そろそろその成長を結果に残さなければいけない段階だ。次の相手は、関東学生春季リーグ(春季リーグ)2位の強豪、筑波大。そして、次の試合が春季リーグ5位の早大にとっては全日本学生選手権(インカレ)前最後の格上との対戦ということになる。インカレで目標の『日本一』を達成するためにも、最後の力試しともいえる次の試合で勝利という結果を残したい。

(記事、写真 稲葉侑也)

関東学生秋季リーグ
早大147-9
7-13
22東女体大
GK 大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)
LW杉山瑞樹(社4=神奈川・横浜創英)
LB吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)
CB 岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)
PV紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)
RB阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)
RW衣川直緒(社3=愛知・星城)
コメント

杉山瑞樹主将(社4=神奈川・横浜創英)

――試合を終えた感想をお願いします

前半闘えていただけに、負けゲームになってしまったのがもったいなかったなという印象です。

――とても良い立ち上がりでしたが

ロースコアのゲームに持っていこうと話をしていて、それが出来ていたので前半は良い流れになっていたと思います。

――2点ビハインドで前半を終えましたが、追いつくためにどのようなことを意識しましたか

いつも言っていることで、オフェンスはシュートを決めきること、ディフェンスはルーズボールやリバウンドを徹底しようとしていたんですけど、そこを徹底しきれなくて、逆に相手は勝負どころでシュートを決めきるだったり、リバウンドをしっかり取ってきたりしていたのでそこの差が出てしまったと思います。

――後半は攻撃の形があまり作れていませんでしたが

攻めあぐんでいる中でもシュートをねじ込めるところで決めきれないというのがまだまだ弱さなのかなと思いました。あと、いつも攻めあぐんでいるときに中、中になってしまうのでもっとワイドに持っていく練習は必要かなと思います。

――春と比べて、内容的にもスコア的にも良くなった印象を受けましたが、手応えはいかがですか

前半30分やって闘えるなと実感して、それを60分間続けられる勝利への執着心だったり、勝負どころの強さがまだまだ必要かなと思います。

――次戦以降への意気込みをお願いします

今回東女に悔しい負け方をしたんですけど、すぐ筑波戦なので、切り替えて明日は絶対勝ちにいきます!

大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)

――試合を終えた感想をお願いします

悔しいです。

――技術の高い相手でしたが、どのような対策をしましたか

セットディフェンスに関しては、春、ミドルシュートに対する相性が良かったので、9メートルの中に入れさせないようにして、外でミドルシュートを打たせるというのと、中に入ってきたら当たりにいくようにして。ポストは結構ゴリゴリくるのでそこはしっかり寄るようにして、両サイド勝負という風にしていました。

――その対策は上手くいきましたか

ミドルシュートに関してはよかったと思うんですけど、9メートルの中に入り込まれた時にコンタクトできていなかったのと、私自身がサイドシュートの際に位置取りが合わなくて入ってしまったところがあったので、そこは修正していきたいです。

――試合を通して大きなセーブが多かったですが、ご自身の出来はいかがでしたか

よかったんじゃないですかね(笑)。でも、自分の中で前半10点後半10点のトータル20点くらいで抑えられればいいかなと思ってて、2点多く取られてしまったのがよくなかったと思います。

――次戦以降への意気込みをお願いします

まだ筑波だったり負けられない試合がたくさんあるので、絶対勝ちたいと思います。