写真:石川梨良(青山学院大学)/撮影:ラリーズ編集部

<2019年秋季関東学生卓球リーグ戦 2019年9月4日、5日、11日~13日>

13日、秋季関東学生卓球リーグ戦(以下、リーグ戦)1部の最終戦である第7戦が所沢市民体育館で行われた。

男子・第7戦

前日に優勝を決めた専修大学は、全勝優勝を狙い、最終戦の中央大学戦に臨んだ。

これまでの勢いさながらに、専修大学は1番の及川瑞基が一ノ瀬拓巳に、2番の六本木瑛介が浅津碧利に、3番の三部航平が橋本一輝にそれぞれ勝利。前半の3試合でマッチカウント3-0と勝利に王手をかけ、全勝優勝は確実かに思われた。




写真:弓取眞貴(中央大学)/撮影:ラリーズ編集部

しかし、中央大学が4番ダブルスからラストの7番まで勝利を収め、マッチカウント0-3から4-3へ大逆転勝利。優勝をすでに決め、かつこの試合も3-0でリードしていた専修大学。惜しくも全勝での優勝はならなかった。

男子結果

第7戦

中央大学(5勝2敗) 4-3 専修大学(6勝1敗)  
日本体育大学(2勝5敗) 4-2 大正大学(0勝7敗)
明治大学(6勝1敗) 4-3 早稲田大学(5勝2敗) 
筑波大学(3勝4敗) 4-2 法政大学(1勝6敗) 

男子最終順位

1位 専修大学
2位 明治大学
3位 早稲田大学
4位 中央大学
5位 筑波大学
6位 日本体育大学
7位 法政大学
8位 大正大学

男子個人賞

殊勲賞

三部航平(専修大学)

敢闘賞

龍崎東寅(明治大学)

優秀選手賞

及川瑞基(専修大学)
岩永宜久(早稲田大学)
浅津碧利(中央大学)

最優秀ペアー賞

龍崎東寅・沼村斉弥(明治大)

女子・第7戦




写真:熊中理子(左)/三條裕紀(青山学院大学)/撮影:ラリーズ編集部

女子の部では、優勝の行方は最終日まで持ち越されていた。5勝1敗で3つの大学が並ぶ混戦だったが、その中から抜け出したのは青山学院大学であった。

この日、青山学院大学は春季4位の東京富士大学との対戦だった。青山学院大学は、1番の三條裕紀と2番の石川梨良が勝利し幸先よいスタートを切る。3番ダブルスは東京富士大学ペアに競り負けるが、4番の宮﨑翔(青山学院大学)が勝利し、チームの勝利に王手をかける。

5番ダブルスの秋山星/杉本恵(青山学院大学)がストレートで勝利を決め、38シーズンぶりの関東学生卓球リーグ優勝を果たした。

早稲田大学も中央大学にストレート勝利し、6勝1敗で青山学院大学と勝敗数では並んだが、直接対決で青山学院大学が勝利しているので、惜しくも優勝とはならなかった。

女子結果

第7戦

青山学院大学(6勝1敗) 4-1 東京富士大学(3勝4敗)
早稲田大学(6勝1敗) 4-0 中央大学(5勝2敗) 
筑波大学(1勝6敗) 4-3 日本体育大学(0勝7敗)
専修大学(5勝2敗) 4-3 日本大学(2勝5敗)

最終順位

1位 青山学院大学
2位 早稲田大学
3位 中央大学
4位 専修大学
5位 東京富士大学
6位 日本大学
7位 筑波大学
8位 日本体育大学

女子個人賞

殊勲賞

石川梨良(青山学院大学)

敢闘賞

笹尾明日香(早稲田大学)

優秀選手賞

宮﨑翔(青山学院大学)
木村香純(専修大学)

最優秀ペアー賞

鎌田那美・金子碧衣(早稲田大)

文:ラリーズ編集部