関東大学リーグ戦(リーグ戦)は第4戦を迎えた。全日本対抗王座決定試合(王座)進出に向けて後がない早大は筑波大と対戦。苦境に立たされている早大に対し、筑波大はここまでの全ての試合で勝利と好調を維持。第1戦では慶大を5-2で破るなど高いチーム力を備えている。これまで以上に苦しい戦いが予想されたが、早大は女王としての意地を見せた。ダブルスで2連勝し流れを作ると、シングルスも3-2で勝ち越しに成功。「思いがかたちになった」(大石真珠美主将、文4=東京・早実)と堂々のプレーを披露し、合計スコア5-2で勝利。王座進出の可能性を残し、最終戦となる亜大戦に臨むこととなった。

 ダブルス1の清水映里(スポ3=埼玉・山村学園)・石川琴実(社1=東京・白鵬女子)組は持ち味の力強いショットだけでなく、「2人で一本が取れるようになってきた」(石川)とペアとしての連携も光った。ファーストセットはミスが目立つ苦しい立ち上がりも、セットカウント1-3から5連続でゲームを奪う猛攻を見せる。続くセカンドセットはゲームを取り合う接戦となったが、中盤以降はペアとしてのコンビネーションを武器に攻め切る場面が増えていく。ペアとして成長を見せたダブルス1が第1戦以来となる白星を持ち帰った。一方ここまでリーグ戦負けなしと安定感抜群の下地奈緒副将(社3=沖縄尚学)・吉岡希紗(スポ1=三重・四日市商)組。この日は安定したリターンで早々に3ゲームを連取するものの、流れに乗り切れない。相手の鋭いショットに押され、4-5と逆転を許してしまう。続くサービスゲームも攻めきれずデュースとなったが、粘り強くラリーを続けキープに成功。そのままこのセットを勝ち切ると、セカンドセットは一転、本来の実力を発揮。安定感のある試合運びを見せ、気づけば1つもセットを落とさず勝利。ダブルスでの2勝は早大の勝利を大きく引き寄せた。


ついに本領を発揮した清水・石川組。早大はダブルスを2−0でシングルスへ折り返した

 シングルスは下位陣が奮闘した。最初に勝利を持ち帰ったのはシングルス4の安藤優希(スポ1=東京・目黒日大)。明大戦、慶大戦では敗戦を喫し、雪辱を果たしたいこの日は「自分だけじゃなくて相手も見ながら、相手の嫌なプレーをする」(安藤)意識でプレーしたことが功を奏す。ファーストセットを1セットも落とさずに乗り切ると、セカンドセットは序盤こそ自身のミスが目立ったものの、粘り強くラリーを繋げ主導権を渡さない。最後まで相手を寄せ付けず、嬉しいリーグ戦初勝利を挙げた。同じタイミングでコートに登場したのはシングルス5で起用された倉持美穂副将(商3=東京・早実)。序盤から正確なストロークで相手を揺さぶり、流れをつかむ。ファーストセットを危なげなく奪うものの、セカンドセットは5-2から3ゲームを連取される苦しい局面に。それでも粘りを見せ、相手に流れを渡さない。苦しい局面を乗り越えた倉持が、早大の勝利を決定づける白星を挙げた。ここまで全試合シングルス2で起用され全勝している吉岡希紗(スポ1=三重・四日市商)はこの日も健在。関東学生選手権優勝の岩井真優に対しファーストセットこそ1ー6で奪われたものの、その後はチームメートの応援にも乗せられ本領を発揮。セカンドセット、ファイナルセットを奪い逆転で関東女王を下し、早大にとってこのリーグ初の5勝目となる白星を挙げた。一方で気がかりなのがエース清水の不調。この日は持ち味の強打は健在も、要所でのミスが響き、流れをつかみ切れない。ファーストセットは相手に押し切られるかたちで落とし、セカンドセットは終盤に粘りを見せるも、タイブレークで力尽きた。亜大戦では復調なるか。


リーグ初勝利を挙げた安藤

 王座進出の希望を何とかつないで見せた早大。苦境に立たされていることには変わりはないが、理想的な形で強敵を破ることができたのは大きな自信になっただろう。最終戦で対するは亜大。すでに3敗を喫しており、王座への道のりは絶たれているが、松田美咲(4年)を筆頭に実力者を擁する手ごわい相手だ。しかし筑波大戦のように接戦で一本を取ることができれば、自ずと結果は付いてくる。「選手もサポートも、全員がこのチームにいてよかったなと思ってもらえるように」(大石主将)最後まで全力で戦う。

(記事 小原央、写真 林大貴)

結果

早大 5−2 明大

▽女子シングルス
S1 ●清水映里 [4-6、6(5)-7] 阿部宏美
S2 ◯吉岡希紗 [1-6、6-1、6-3] 岩井真優
S3 ●松本妃那 [1-6、1-6] 千村もも花
S4 ◯安藤優希 [6-0、6-2] 東綾香
S5 ◯倉持美穂 [6-1、7-5] 伊達摩紘


▽女子ダブルス
D1 ◯清水映里・石川琴実 [6-3、6-4] 阿部宏美・草野京香
D2 ◯下地奈緒・吉岡希紗 [7-5、6-0] 千村もも花・我那覇真子

コメント

大石真珠美主将(文4=東京・早実)

――初戦以来3戦ぶりの勝利となりましたが、率直な心境は

嬉しい半分、ホッとした半分ですね。みんな本当に思いはあったんですけど、2戦目はから回って、3戦目は紙一重で。やっと思いがかたちになった姿が全員で見ることができて、それはすごく嬉しかったです。現状としてはやはり負けの数の方が多かったので、そこをタイに戻せたことはホッとしています。

――山梨学院大、早慶戦の敗戦からはどのように切り替えてきょうの試合には臨みましたか

山梨学院大に負けてミーティングをした時はお互いもっと思いを伝え合おうとか、練習中も形式立った声掛けではなくて、もっと自分の想いを伝えていこうと話し合ってから、チームの雰囲気もすごく良くなってきて、のびのびプレーできるようになってきて。それは早慶戦でもすごく全員が感じていたことなので、その部分をもう一度原点に戻って、徹底してきょうは自信を持ってやろうということはずっと伝えてきました。

――早慶戦はチームとしてのパフォーマンスは悪くなかったですよね

そうですね。全員が思っていることだと思うんですけど、「この一本が(取れていれば)」とかはありますけど、出し切ったなという感覚を持てていたと思うので。負けてしまったんですけど、その部分は自信を持っていいところなのかなという話もしました。

――早慶戦終了直後は悔しさをにじませていましたが、雰囲気としては暗くはなっていなかった

そうですね。山梨学院大に負けたときが一番暗くて。山梨学院大戦は絶対にクリアしないと、正直王座はないなという雰囲気は暗黙の中で流れてはいたので、そこで一番暗くはなってしまったんですけど。そこで話し合って、「全員が王座に行きたい」、「負けている早稲田は見たくない」という思いを共有できたので。早慶戦に負けたあとにまたそこに戻る必要はないなと思ったので。暗くなることはなく前に進めたと思います。

――改めて、きょうの筑波大戦を振り返っていかがですか

やっぱりダブルスで2−0にできたのが大きかったですね。そこまで筑波の前の2戦はダブルスを1−1で折り返していて、特にシングルス下位の選手はすごくプレッシャーのかかる状況で試合をしていたんですけど、2−0で折り返せたことで倉持も安藤もすごくいいプレーをしてくれて。結果としてそこで勝利が決まったので、すごく大きかったのかなと思います。

――少し清水選手が心配です。どツボにはまっているような印象を受けますが

そこはもう本人が、私たちが言うまでもなく痛いほど感じていると思うので。ただやっぱり第5戦は彼女のシングルスで白星を付けさせてあげたいなという思いは全員があると思います。技術どうこうはここ数日じゃ変わらないと思うんですけど、もう一度彼女らしく戦えるような準備を私たちがしてあげられればいいのかなと思います。

――次戦は最終戦の亜大戦です。意気込みのほどを一言お願いします

できれば最後、全部勝っている早稲田を見て終わりたいという気持ちはあるんですけど、それよりも選手もサポートも、全員がこのチームにいてよかったなと思ってもらえるように。最後までアシストできるように私自身も頑張っていきたいと思います。今2勝2敗で来ているので、勝ち越して終わりたいと思います。

安藤優希(スポ1=東京・目黒日大)

――今日はどのような戦略を立てていましたか

相手は速い打ち合いが好きな選手で、ボールにも威力があったので、自分からテンポを上げすぎず、様子を見ながらラリーして行けるところで自分から打ちに行こうと考えていました。

――慶大戦での敗戦から修正した部分はありますか

慶大戦は相手のペースに終始やられてしまって。焦ってしまって、相手との試合なのに自分との戦いになってしまったので、今日の試合はどんなに劣勢で状態が悪くても、自分だけじゃなくて相手も見ながら、相手にとって嫌なプレーを心掛けていました。

――試合を振り返って

慶大と明大戦と2回出させていただいて、勝てるチャンスがあった試合を落としてしまって、今日の試合で初勝利ができた、チームに勝利を持って帰ることができたのは良かったです。それと団体戦で勝つイメージできたので、今後に向けて頑張っていきたいと思います。

――試合を通じて好調を保てた要因は何だと考えていますか

まずは応援やベンチコーチの大石(真珠美、文4=東京・早実)主将や隣のコートでずっと応援してくださった方たちのおかげだと思います。自分のミスが続いてしまったときとか、流れが向こうに行きかけたときに熱い応援をしてくださったり、的確なアドバイスをしてくださったおかげで、スムーズに勝ちきることができました。

――試合前に立てた戦略は上手くいきましたか

はい。途中で1回焦って打ちすぎてしまったりとか、自分からやり過ぎてしまって、崩れてしまいそうな場面があったのですが、基本的には最初から最後までゲームプラン通りに戦うことができたかなと思います。

――今後の意気込みをお願いします

今早大は2敗してしまったのですが、チーム力は上がってきていて、チームの雰囲気も良くなってきていると思います。王座に行ける可能性はまだ十分に残っているので、一戦一戦強い気持ちで戦って、次の試合も勝ちたいと思います。

石川琴実(社1=神奈川・白鵬女子)

――ここ2試合敗戦を喫している中で、きょうの試合はどのような心境で臨みましたか

第2戦と第3戦で、どっちも3−4で負けていて。ダブルスで取れていれば4ー3で勝てていたところを落としてしまっていたので、なにがなんでも2−0でシングルスに回そうと思っていました。いいプレーをして負けるよりはどんなプレーをしても勝った方がチームとしての流れも絶対良くなると思ったので、向かって行く気持ちできょうは入っていきました。

――ファーストセットは1ー3から一気に逆転しましたが振り返って

ファーストセットはデュースで競る部分も多かったんですけど、その中でも動くところは前で動いたり、清水さんが後ろで(流れを)つくってくださったりしたので、1−3でリードされていたんですけど、焦りはなかったですね。

――セカンドセットは接戦となりましたが取り切りました

多分ここまで接戦にならずに勝てた試合だと思うので、反省点とかはたくさんあるんですけど、とりあえず2セットで終わらせられたのは良かったと思います。

――ペアとして改善がみられた点はありますか

二人で1本を取れるようになってきたかなと思います。第2戦や第3戦では悪い流れになった時にお互いが一人で、自分で決める感じになってしまっていたので。そういう時こそ二人で一本取ろうということを意識していました。

――最終戦の亜大戦へ向けて一言お願いします

2−0で回せた方がシングルスに臨む選手も少しは楽な気持ちで入れると思うので。心強いD2もいるので、もし出させていただけるのであればチームに1勝を持ち帰れるように頑張ります。