法大の宇草&船曳、高校生では146キロ右腕・木村も提出

 全日本大学野球連盟は13日、公式サイトで2019年度の「プロ野球志望届」提出者一覧を更新。東洋大の佐藤都志也捕手、早大の加藤雅樹外野手ら18人が新たに公示された。

 佐藤はドラフト上位候補の捕手で、2年連続で侍ジャパン大学代表にも選出。俊足で外野手もこなす。東洋大では主将を務めたリーダーシップも魅力だ。また、早大の加藤は早実で捕手として2学年下の清宮(日本ハム)と共に2015年夏の甲子園でベスト4に進出。早大進学後は外野手に転向し、2年春には首位打者を獲得した。

 法大の宇草孔基外野手、舩曳海外野手も提出。宇草は侍ジャパン大学代表に選出されている巧打の外野手。舩曳も天理高では侍ジャパンU-18代表としてU-18W杯に出場した経験を持つ。大学生のプロ志望届提出者は37人となった。

 日本高野連も公式サイトで2019年度の「プロ野球志望届」の提出者一覧を更新。最速146キロのプロ注目右腕、北九州の木村仁投手、中越の菅井道(るうと)投手、相葉拓夢投手の3人が新たに公示された。高校生のプロ志望届提出者は計59人に。「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場していた野球日本代表「侍ジャパン」高校代表のメンバーも今後、徐々に志望届を提出する見込みだ。

 プロ志望届を提出したのは、これで高校生と大学生を合わせて計96人となった。(Full-Count編集部)