4回まではパーフェクト、8回に1点を失うもリードを守る

西武 – ソフトバンク(12日・メットライフ)

 ソフトバンクの千賀滉大投手が、天王山で圧巻の投球を見せた。12日、敵地メットライフドームでの西武戦。勝ったチームにマジックが点灯する大一番で8回を投げて、西武打線を4安打1失点に封じた。

 序盤から快調にアウトを積み重ね、4回まではパーフェクト。5回に栗山に初安打を許して2試合連続ノーヒットノーランの快挙とは行かなかったが、6回までわずか2安打に封じた。7回には1死二、三塁の大ピンチを背負ったが、ここも千賀が栗山、外崎を連続で空振り三振に切って脱した。

 グラシアルのソロなどでリードを奪った8回も続投。秋山に適時二塁打を許して1点を返されたが、8回4安打1失点、9個の三振を奪う熱投で、勝利投手の権利を掴んでリリーフに後を託した。

 降板後は「自分の調子が良いとか悪いとかではなく、絶対に負けないという気持ちでマウンドに上がりました。
味方が点を取ってくれるまで粘ることができたのは本当に良かったです。点を取ってもらった次の回に点を取られたことは反省点です。チームが勝つことが1番です」とコメントを出した。(Full-Count編集部)