リオデジャネイロ五輪で8月18日、女子レスリング53キロ級が行われた。大会4連覇を目指した吉田沙保里は決勝でヘレン・マルーリス(アメリカ)と対戦、第2ピリオドで逆転を許し1-4で敗れた。

絶対女王として準決勝まで貫禄の勝ちっぷりを見せた吉田。決勝でも第1ピリオドで1ポイントを先制する。だが第2ピリオド序盤でバックに回られ2ポイントを奪われると、残り1分でさらに2ポイントを追加される。

逆転には大技が必要になった吉田。残り22秒で得意の高速タックルに行くが、ポイントを奪い切ることはできなかった。

試合後の吉田は「たくさんの方に応援していただいたのに、銀メダルに終わってしまって申し訳ないです。最後は勝てるだろうと思ってたんですけど、取り返しのつかいないことになってしまって…」と号泣。メダルセレモニーでも涙は止まらなかった。

4連覇は逃したが五輪4大会連続のメダルを獲得した吉田に、「どんな選手でも負けるときはある。今日がそのときだっただけ」「個人的には銀でもすごいことなのだけど、本人はとても悔しいだろうな」「負けてこれだけ騒ぎになるのが偉大さを示してる」「泣くな 吉田沙保里! よく頑張ったよ!」「吉田沙保里さんはほんとにすごい人。 残念は残念だけど胸張って笑顔で帰って来てほしい」などの声が寄せられている。

リオデジャネイロオリンピック イメージ(c) Getty Images

リオデジャネイロオリンピック イメージ(c) Getty Images