2回、3回には2死満塁のピンチを背負うも、得点与えず

西武 – ソフトバンク(12日・メットライフ)

 西武の十亀剣投手が、6回まで無失点に封じる“怪投”を見せている。12日、本拠地メットライフドームでのソフトバンク戦。勝ったチームにマジックが点灯する大一番で6回まで苦しみながらもゼロを並べた。

 初回、1死から今宮に右越えの二塁打を浴びると、続くグラシアルには左前安打を許した。今宮が一気に本塁を狙ったが、左翼・金子侑が本塁への好返球で刺し、先制点は与えなかった。

 2回には2死から中村晃、内川、甲斐に3連打を浴びて2死満塁とされたが、この日1番に起用された明石を一ゴロに。3回も先頭の今宮に四球を与えると、デスパイネの左前安打、松田宣の遊撃内野安打で2イニング連続で2死満塁のピンチを背負った。だが、ここも中村晃は右飛に打ち取り、窮地を脱した。

 5回も今宮の中前安打、グラシアルの犠打で1死二塁とされたが、デスパイネ、柳田を中飛に打ち取って無失点。6回は3者凡退に封じ、6回まで8安打を許しながら、無失点と粘りの投球を続けている。(Full-Count編集部)