青森山田の堀田は甲子園出場こそないが、プロ注目の逸材

 日本高野連は12日、公式サイトで2019年度の「プロ野球志望届」の提出者一覧を更新。最速151キロの青森山田・堀田賢慎投手ら新たに9人が公示された。

 青森山田の堀田は最速151キロを誇る右腕で、甲子園出場こそないが、プロ注目の存在だ。今夏の甲子園に初出場した誉の高校通算26本塁打の澤野聖悠内野手や高校通算35本を超える神戸弘陵の山河楓内野手、光泉の高校通算13本塁打のフェントン・ライアン捕手、最速144キロの吉田力聖投手なども新たに公示された。

「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場していた野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は10日夜に帰国。今後、この中からプロを志す選手たちが、徐々に志望届を提出していく見込みだ。(Full-Count編集部)