4試合ぶり18号ソロは打球速度114マイル(約183キロ)で右翼席へ弾丸ライナーで飛び込む

インディアンス 4-3 エンゼルス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のインディアンス戦で「3番・指名打者」でスタメン出場。第3打席で4試合ぶりとなる18号ソロを放つなど5打数1安打1打点。メジャー通算40号は自己最速の打球速度114マイル(約183キロ)をマーク。チームは3-4で4連敗となった。

 大谷は初回の第1打席で空振り三振、2回の第2打席は右直に倒れたが、第3打席で規格外の一発を放った。

 3点を追う5回。1死走者なしから84.2マイル(約136キロ)のスライダーを完璧に捉えた打球は右翼席に飛び込む4試合ぶりの18号。低い弾道で着弾したメジャー通算40号は自己最速となる打球速度114マイル(約183キロ)をマークした。この一発で昨季を超える62打点とした。

 7回の第4打席は高めの直球に空振り三振、1点を追う9回1死一塁で迎えた第5打席は左腕ペレスと対戦も一ゴロに倒れた。チームは4連敗となった。これで大谷は今季、打率.286、18本塁打、62打点となった。(Full-Count編集部)