秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)後半の初戦となったこの日、女子部は日本大と対戦した。春季リーグ3位の好成績を残した日大に序盤から2試合を取られるなど、苦戦を強いられた早大。しかし後半から徐々に本来の調子を取り戻し4連勝で逆転勝利。春リーグ王者の貫禄を示した。


ダブルスに挑む岩越・笹尾組。同ペアの勝利から逆転の口火が切られた。


 序盤から波乱の展開。1番手として登場した鎌田那美主将(スポ4=北海道・駒大苫小牧)は、相手の回転量のあるボールになかなか対応できず2セットを先取された。続く2番手は岩越帆香(スポ2=福岡・希望が丘)。サーブからの積極的な攻撃で2セットを先取。しかし中盤から相手のフォア強打に苦しみ、ゲームオールで惜敗。状況は背水の陣――。3番手には今季未だ無敗である金子碧衣(スポ4=愛知みずほ大瑞穂)・鎌田主将組。競り合う展開になったものの、息の合ったコンビネーションで相手を退けた。続く4番手は加藤結有子(スポ3=東京・エリートアカデミー/帝京)。ラリー戦を軸とした展開に。相手のミスにも助けられ、このゲームを死守し、流れは早大に傾いた。5番手の岩越・笹尾明日香(社2=神奈川・横浜隼人)組も接戦に。0-5とリードされる場面もあったが、壮絶な打ち合いを制した。3-2で迎えた6番手はエースの笹尾。サービスエースや強烈なフォアハンドドライブで相手を圧倒し、快勝。早大は4-2で白星をつかんだ。


秋リーグ初登場となった加藤。


 序盤にリードを許し先行きが危ぶまれた早大。しかし「どんなときでも強気で行くという意識をもってみんなでやろう」(鎌田主将)と話していたように、中盤以降怒涛(どとう)の追い上げを見せ、見事逆転勝利を果たした。次戦の相手は強豪の東京富士大と中大。次も『粘りの早稲田』で勝利をつかみに行くーー。


劣勢でも、控えに回ったメンバーも含め全員が声を張った。


(記事 西山綾乃、写真 新井万里奈、鬼頭遥南、涌井統矢)



結果

▽女子 第4戦

VS 日大 ○4―2

●鎌田那美1―3金﨑愛美

●岩越帆香2―3奥下茜里

○鎌田那美・金子碧衣組3―1永井里奈・篠田優花組

○加藤結有子3―1高原小麦

○岩越帆香・笹尾明日香組3―2奥下茜里・木下小絵香組

○笹尾明日香3―1何湛然


コメント

鎌田那美主将(スポ4=北海道・駒大苫小牧)

――きょうの試合の感想をお願いします

前半戦は全勝といういいかたちで終われたんですけど、後半戦に向けても1試合目の流れとか、勢いとか、盛り上がりとかがすごく大事だというふうに話をしていてたので、そういう気持ちで入れて出だし0-2で負けていたんですけど、4点をみんなで巻き返せて次につながる試合になったかなと思います。

――どのような意気込みで試合に臨まれましたか

元気よくっていうのが1番で、あとは思いっきってやろうという感じで、実力を出そうというところを意識していました。

――前回の専大戦でも1番手で登場して勝利することができませんでしたが、そこに対する苦手意識などはありますか

苦手意識は特にないんですけど、前回負けてしまって今回は絶対に勝つぞという思いで臨んだんですけど、それが力みにつながったりだとか、うまくいかなかったですね。1番手で出るときはチームに良い流れを持ってきたいなと思ってやっているんですけど、うまくいかなかったですね。

――焦りなどはありましたか

焦りもそうですね。今回は勝ちたいという思いが強くて、急いで点を取りにいったりもしちゃいました。

――相手選手は鎌田選手よりもサイズのある選手でしたが、何か意識されていた点はありますか

身長とかは特に気にならなかったんですけど、相手に強気で打たせてしまったりだとか、自分があまりうまく攻めれなかったりとかして、そういう試合運びの冷静さとかが足りていないなとは思いました。

――チームの雰囲気はいかがでしたか

試合に出ていないサポートメンバーたちもしっかりと準備だとか、応援だとかも元気良くやってくれて。出てる選手、出てない選手みんなで盛り上がれていると思うので、あと3試合あるんですけど、さらに盛り上がっていければなと思います。

――劣勢の場面の雰囲気はいかがでしたか

どんな時でも笑顔で明るく、強気でいくっていう意識を持ってみんなでやろうと話していて。きょうはダブルスとかでも追いつかれる場面があったんですけど、みんな気持ちを切らさずに盛り上がっていけました。

――ダブルスの試合で意識されたことはありますか

ダブルスでは、シングルスを落としていたので絶対に負けられないという気持ちで臨んだのと、とにかく粘って点をしっかり取りにいこうという気持ちで臨みました。

――ダブルスの相手の印象はいかがでしたか

結構異質で、私たちも初めてやる相手だったんですけど、安定していて的確に攻めてきていてので、そこでチームでも対策をとってみんなで準備していたので、それを実行できたので良かったと思います。片方の選手が異質で、ボールに変化が付いてくるので特殊だったのでそこにはしっかり対応していこうと思って挑みました。

――あす以降も強豪との戦いが続きますが、そこへ向けた意気込みをお願いします

きょう前半戦、後半戦やってきたんですけど、もっと長い戦いになると思いますし、相手も向かってくると思うので、それ以上に自分たちが向かって行く気持ちを持って、全力でみんなで勝ちに行きたいなと思います。

加藤結有子(スポ3=東京・エリートアカデミー/帝京)

――秋季リーグ戦はきょうの試合が初出場でしたが、秋季リーグ戦への意気込みはいかがですか

初めての試合だったので、向かって行く気持ちで全力でプレーしました。

――きょうはインカレで敗れて以来の団体戦でしたが、これまでの期間個人としてはどのようなトレーニングをされてきましか

私は夏休みの期間にフォアハンドを鍛えてきて、もう一度フットワークを見直したり、足の動き方などを一から練習し直したりして頑張りました。前回インカレの団体戦で負けてしまっているので、一本一本集中して入れるように心がけました。

――チームスコア1-2の負けたらピンチになる状況での出番でした、試合前の心境はいかがでしたか

自分がやってきたことを全て出し切るだけでした。ベンチでも全力で応援してくださったり、いろんな方々がサポートしてくださっているので、その人たちの分も頑張ろうと思いました。

――チームを勢いづける勝利でした、試合を振り返っていかがでしたか

最初は少し緊張して思うようなプレーができなかったのですが、徐々に緊張がとけて自分のプレーをして勝つことができたのでよかったです。

――あすへの意気込みをお願いします

あすからは、どんどん強いチームと戦うことになるので、一戦一戦全力で勝ちにいきたいと思います。

岩越帆香(スポ2=愛知・希望が丘)

――リーグ戦への意気込みをお願いします

秋リーグは4年生の最後ですし、優勝という最高のプレゼントを届けたいという気持ちで、全員で団結して優勝したいと思います。

――前半戦を振り返っていかがですか

自分も何回か試合に出させて頂いて、まあまあ良い感じで試合ができているので、これからも頑張ります。

――きょうの試合について、シングルスから振り返っていかがですか

(セットカウント)2-0の7-4でリードしていたんですが、流れが変わってしまったので、3セットで勝ちきれるように気を引き締めてやっていきたいです。でも後のダブルスでは勝って流れをつかめたので良かったと思います。

――ゲームカウント2-2の負けられない状況でのダブルスでしたが、意気込みはいかがでしたか

シングルスで戦った奥下さん(茜里、日大)がいたので、シングルスとダブルスは違いますが、しっかりとリベンジしようと思って臨みました。

――ご自身の状態はいかがですか

調子は悪くないと思うので、調整してまた試合に臨みたいと思います。

――あす以降の試合への意気込みをお願いします

しっかりと全員で戦うという気持ちを忘れずに、全勝で終わら