カナダ戦で7回1失点18Kと快投し大会ベストナインに選ばれた奥川

 8日まで韓国・機帳で行われていた「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」。初の世界一を目指した野球日本代表「侍ジャパン」U-18高校代表は決勝進出、そして3位決定戦進出も逃して5位に終わった。頂点に立ったのは台湾で、9年ぶり3度目の優勝を飾った。

 オープニングラウンドでは優勝した台湾に、そしてスーパーラウンドで宿敵の韓国、そしてオーストラリアに敗れて悔しさを味わった高校代表。5位に終わる結果となったが、奥川恭伸投手(星稜)と韮沢雄也内野手(花咲徳栄)はベストナインに選出された。

 スーパーラウンド初戦のカナダ戦で先発し、7回を2安打1失点、驚愕の18三振を奪った奥川には海外メディアも大きく注目。米データ専門サイト「ファングラフス」では「WBSC U-18ワールドカップ特集:右腕ヤスノブ・オクガワ」と題した記事を掲載。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などに寄稿する韓国人コラムニストのキム・スンミン氏が執筆し「この大会で1番のプロスペクトを選ばなければならないなら、間違いなくオクガワである。彼はカナダ戦で素晴らしかった」と記した。

 カナダ戦で奥川は21個のアウトのうち、18個を三振で奪う圧巻の投球を見せた。この試合を目の当たりにしたキム・スンミン氏は「この登板で、オクガワは90-91マイルの直球を投げていた。もっと速い球が投げられるが、長いイニングを投げるために、体力を温存していた。彼の直球にはキレがあり、球速以上に速く見える。高めに投げれば、空振りを奪う。低めに投げれば、見逃しとなる」と、奥川のストレートを高く評価している。

 さらに、同氏は「しかし、彼の決め球は77~79マイルのスライダーである。この他、オクガワは71~73マイルのスローカーブを投げた。78~79マイルのスプリットも投げ、打者の目線を変えていた」とレポートし「オクガワをデンジャラスな投手にさせているのは制球力である。試合を通して、彼はストライクゾーン全体に投げ、打者のバランスを崩していた」と、奥川の最大の武器であるコントロールを絶賛していた。

 記事では奥川がNPB入りする可能性が高いことにも言及した上で「これほど若くて、このような制球力と球を持っている投手は珍しい。オクガワが大きな怪我をせずに成長したら、最盛期にエキサイティングなメジャーリーガーになるポテンシャルがある」とレポート。将来的にはMLBで活躍できるだけのポテンシャルを秘めていると伝えていた。(Full-Count編集部)