ラファエル・ナダル(スペイン)と長年のガールフレンド、マリア・フランシスカ・ペレロさんとの挙式が間近に迫っている。二人は2018年5月、ローマでのバケーション中に極秘婚約。婚約と同様に挙式についても公にしたがらない二人だが、今年初旬に一般に知られることとなった。テニス関連ニュースサイトTENNISTONICが伝えている。

挙式はナダルの住むマヨルカ島内の町マナコルに近い場所で行われる。会場は「LaFortalenza」、マヨルカ島にある最も豪華な会場の一つだ。式はマヨルカ島で行われるイベントの中でも、最も格調高くゴージャスなものになりそう。招待客も、世界中から一流アスリートやセレブたちが集まるようだ。

招待された約500人のゲストの中には、サッカー界のレジェンドであるクリスティアーノ・ロナウド、NBAのスター選手パウ・ガソル、スペインの歌手エンリケ・イグレシアス、サッカースペイン代表チーム元監督のジュレン・ロペテギや、元世界1位でナダルの現在のコーチであるカルロス・モヤ等がいる。

ナダルの旧友のスペイン人テニス選手、フェルナンド・ベルダスコやフェリシアーノ・ロペスも参列する。またナダルが、長年のライバルであるロジャー・フェデラー(スイス)を招待したのではないかとの噂があった。

招待の噂は本当?

しかしフェデラーが記者会見で明らかにしたところによるとその噂は正しくなく、フェデラーは10月19日の挙式への招待状を受け取っていないそうだ。フェデラーは「報道されている事を何でも信じないで欲しい。式については何も知らないし、10月21日からスイスで行われる「ATP500バーゼル」に出場する予定で、その前の週末にも他の予定が入っている」と語った。

ナダルとフェデラーの特別な絆

テニスコートでは強烈なライバル関係である二人だが、ナダルとフェデラーはそれを超える特別な絆を深めてきた。2017年の「レーバー・カップ」 ではダブルスを組んでイベントを盛り上げ 、今年の「ウィンブルドン」ではドミニク・ティーム(オーストリア)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ファビオ・フォニーニ(イタリア)らと共にバーで楽しんでいる姿も見かけられた。また二人は先月揃ってATP COUNCIL(ATP選手会)に再選出されたが、それはものの見方に似たところのある二人が共にATP選手会に戻ろうという合意があってのことだった。

2019年はグランドスラムでは「全仏オープン」、「全米オープン」優勝という輝かしい成績を残しているナダル、テニスコートでもオフコートでもまだまだファンを魅了続けてくれる事に期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2019年10月に挙式との情報があるナダル(左)とペレロさん(右)

(Photo by Leonard Zhukovsky, lev radin / Shutterstock.com)