2-2の延長10回にレグナルトが京田に決勝弾を浴びる

中日 3-2 広島(11日・マツダスタジアム)

広島は11日、マツダスタジアムで行われた中日戦に2-3で敗れた。今季ホームゲームで中日に初黒星を喫し、首位巨人に勝った2位DeNAに1ゲーム差と、一歩後退した。

 2対2で延長戦に入った10回、5番手のレグナルトが京田に決勝本塁打を打たれた。打線は8回の1死一、三塁の好機を逃したのが響いた。緒方監督は「今日は勝ちきれなかったということ」と肩を落とした。

 先発の床田は6回2失点で降板。先発の役割は果たしたが、先にもらった2点のリードを守れなかった。緒方監督は「球自体は問題なかった」と評価し「一発がある選手が並んでいる中で、苦しい投球だった。そんな中でも2点で抑えてくれた」と先発左腕を責めることはなかった。

 リリーフ勝負となった延長戦で一発を浴びての敗戦となったが、緒方監督は「中継ぎ陣は早い回から2回、3回と肩を作って難しいポジションだが、そういう場所で頑張ってくれている」と左腕をかばった。「ピッチャーも頑張った中で、あと一本、あと1点を先に取らなければいけない試合だった」と悔しそうに話した指揮官は「また明日」と気持ちを切り替えていた。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)