1打席目にバックスクリーン直撃の特大弾、2打席目には2ラン

DeNA – 巨人(11日・横浜)

 DeNAのネフタリ・ソト内野手が、2打席連続本塁打と大暴れしている。11日、本拠地・横浜スタジアムで行われた首位・巨人との直接対決。2回の第1打席でバックスクリーン直撃の特大の37号ソロを放つと、3回の第2打席では左翼席への38号2ラン。巨人の坂本勇人内野手に3本の差をつけた。

 2回先頭で迎えたこの日最初の打席。1ボールからの2球目、巨人先発の桜井が投じたカットボールを捉えると、打球はバックスクリーンへと一直線。スタンドを越え、ボードに直撃する超特大のソロ本塁打となった。打球が当たった箇所は照明が落ち、真っ暗に。衝撃のバックスクリーン破壊の特大弾でDeNAが1点を先制した。

 同点に追いつかれて迎えた3回、佐野の適時打で勝ち越しに成功し、筒香の犠飛で1点を加えると、ソトが打席へ。2ボール2ストライクからの5球目、カーブを捉えると、打球は左翼スタンドへと飛び込んだ。2打席連続の38号2ラン。DeNAがリードを4点に広げた。(Full-Count編集部)