10日ロッテ戦の9回守備で負傷交代していた

日本ハム – 楽天(11日・東京ドーム)

 日本ハムの栗山英樹監督は11日、10日のロッテ戦(東京ドーム)で負傷交代した中田翔内野手について、「今日はダメとドクターストップがかかっている。今日だけはしょうがないだろ。本人は『出る』と言ってるけど」と11日の楽天戦(東京ドーム)を大事をとって欠場させると明かした。

 中田はロッテ戦の9回守備で先頭・レアードの放った一塁後方の飛球を追いかけ、二塁・渡邊と交錯。背中から倒れるような形となって後頭部をグラウンドに打ちつけると、仰向けになったまま動けなくなった。自力でベンチへと退いたが、脳震盪の疑いが出ていた。

 この日も検査を受ける予定だが、栗山監督は「明日はいけるだろ。今日医者から電話がなかったら使っていた」と軽症を強調。脳震盪特例措置で抹消する可能性については「シーズンが終わってしまうだろ」と否定的だった。(Full-Count編集部)