アスレチックスは10日(日本時間11日)、敵地アストロズ戦に21-7で大勝。大谷翔平投手が所属するエンゼルスのプレーオフ進出の可能性が消滅した。

 アスレチックスは初回から7得点の猛攻。その後も2点、2点、6点、2点、1点と6回まで連続得点を挙げた。投手陣は7点を失ったものの、9回にも1点を加えて大勝。25安打21得点と打線が大爆発した。

 地区首位のアストロズと28ゲーム差の4位で、すでに優勝の可能性が消滅していたエンゼルス。現在、ワイルドカード争いで2位のアストロズが勝ったことでプレーオフ進出の可能性も完全に消滅した。(Full-Count編集部)