全日本学生個人選手権(全日本個選)に早大からは470級、スナイプ級にそれぞれ5艇ずつが参戦した。470級では田中美紗樹(スポ4=大阪・関大第一)・新井健伸(商2=東京・筑波大付)組が優勝。スナイプ級の松尾虎太郎(スポ3=山口・光)・海老原崇(法4=埼玉・川越東)組は連覇を飾り、松尾は大会MVPに輝いた。スナイプ級では尾道佳諭(スポ2=山口・光)・高橋康太(商4=埼玉・早大本庄)組も3位入賞を果たした。

 愛知・蒲郡の地で3日間にわたり繰り広げられた学生ナンバーワンセーラー決定戦。470級では、田中・新井組が初日は3レースとも5位以内というさすがの滑り出し。2日目は軽風の中でコース取りに苦戦し、やや順位を落としたが、第6レースで風が変わったと見るや迷いない走りで圧巻のスピードを見せ、2レース続けてトップフィニッシュ。最終日の1レースを残して暫定首位に立つ。この時点で2位との差は4点。最終レースは暫定2位の平井徳輝・藤原雄斗組(同志社大)が序盤からトップに立ち、田中・新井組にとっては苦しい展開になったが、意地の走りで徐々に順位を上げ、5位でフィニッシュ。総合得点は同点に追いつかれたものの、トップフィニッシュの数で相手を上回り優勝を手にした。最終レースで素晴らしいスタートを見せて2着に入った小泉凱皇(スポ2=山口・光)・嶋田篤哉(文構4=神奈川・鎌倉学園)組は総合12位。倉橋直暉(スポ1=福岡・中村学園三陽)・吉村大(人4=埼玉・県浦和)組は2日目終了時点で暫定6位に立ち、入賞が期待されたが、第7レースの(※)UFD、第8レースの40着が響き、総合13位という悔しい結果になった。


470級で優勝を決め笑顔を見せる田中(左)・新井組

 昨年のスナイプ級王者、松尾・海老原組は第1レースこそ11位とやや出遅れたものの、それ以降2日目終了まですべてのレースを一桁順位でフィニッシュ。最終レースを残して優勝を確定させた。松尾は470級クルーとして五輪選考会に出場しており、二人で練習したのは大会2日前からだったというが、圧巻の走りで大会MVPに選出された。3位に入ったのは尾道・高橋組。第3レースでトップフィニッシュを飾るなど上位でレースを進めた。「虎太郎(松尾)を倒したいなと思って練習してきた」(尾道)という言葉通り、第5レース終了時には松尾・海老原組と並んでトップに立つ。気負いからか続く2レースはスタートで出遅れ振るわなかったが、最後まで堂々の走りで2位と3点差の総合3位に入った。蜂須賀晋之介(スポ2=茨城・霞ヶ浦)・海老塚啓太(政経3=神奈川・鎌倉学園)組は、わずかに入賞に届かなかったものの7位。10位の入江裕太(スポ4=神奈川・逗子開成)・原潤太郎(商4=埼玉・早大本庄)組も最終レースまで入賞を射程圏内にとらえる走りだった。


最終日のレースに臨む松尾・海老原組

 女子スキッパーの優勝は過去に2回だけ。連覇も当然容易なことではない。両クラスのエースが勝負強さを見せ、偉業を成し遂げたことは、全日本学生選手権(全日本インカレ)連覇を狙う早大にとって大きな自信になるだろう。だがエースに頼らない走りもまた早大の強みである。全員の力で日本一をつかむために、今回入賞戦線に絡んだ選手はもちろん、結果が振るわなかった選手にも奮起を期待したい。

(記事、写真 町田華子)

※スタートの反則の1つ


表彰式の様子

結果

▽470級

田中・新井組 31点 優勝

小泉・嶋田組 107点 12位

倉橋・吉村組 107点 13位

佐香将太(スポ3=岩手・宮古)・松本健汰(政経2=東京・早大学院)組 151点(26位)

西村宗至朗(社2=大阪・清風)・秦和也(基理4=東京・早大学院) 159点 28位

▽スナイプ級

松尾・海老原組 31点 優勝

尾道・高橋組 47点 3位

蜂須賀・海老塚組 83点 7位

入江・原組 90点 10位

谷川隆治(商4=千葉・稲毛)・川合大貴(商2=埼玉・早大本庄)組 155点 24位

コメント

スナイプ級クルー海老原崇(法4=埼玉・川越東)

――安定したレース運びでしたが、3日間のレースを振り返っていかがですか

去年も同じペアで優勝していたので、コンディションも良かったですし、お互いあまり焦らずに風を見てボートスピードも良くて安定したレース運びができてよかったです。

――最終レースでは34位に沈みましたが、その要因は

最終レースは風がすごく振れていて、左と右で風速が全然違う中で自分たちは右に行ってしまったという選択が悪かったです。途中50番くらいだったんですけど最後は34番まで上げられたのは良かったと思いますが、課題が残るレースでした。

――今大会の走りを踏まえて今後の課題があれば教えてください

強風域でのボートスピードとか順位はかなり安定していたのですが、中風や微風に関しては今回叩いてしまったところがあったので、そういう場面でのコース選択やボートスピードについて再考したいと思います。

――今後に向けて意気込みをお願いします

全日本インカレで優勝できるように頑張っていきたいと思います。

470級クルー新井健伸(商2=東京・筑波大付)

――練習での調子を踏まえて自信はありましたか

美紗樹さん(田中)は、この夏オリンピックキャンペーンをしていたので、なかなか2人で練習する機会はなく、2人のコンビネーションの部分にはかなり不安がありましたが、美紗樹さんと練習できない期間も個の能力はアップできると信じて練習していたので、動作への不安は少なかったです。

――3日間のレース振り返っていかがですか

3日間を振り返ると、初日かなり良いスコアで終えることができてホッと一安心していたのですが、2日目の序盤になかなかスコアが安定しないなかで、焦りからミスを連発してしまったことが反省です。ただ、6レース目の前に二人で切り替えようという話をしてから、また安定した走りができるようになったのが優勝につながったと思います。

――第4レース、第5レースはやや苦戦しましたが要因は

東風の軽風でなかなか風が強く吹くブローが海面から読み取れず、レースプランを立てることが難しかったのが原因だと思います。スタートの動作にあまりまだ自信がなく、スタートから後手に回るレース展開でした。

――トップフィニッシュを果たした第6レース、第7レースの走りを振り返っていかがですか

第4レース、第5レースでかなり厳しい戦いになってしまったのは2人で話していて、6R前に風向が変わり、1日目と同じコンディションになり、風の振れも大方わかっていたので二人でスタートからトップを取るつもりでと会話をし、みさきさんのコースプランを信じてスピード集中で走れたのが良かったと思います。

――最終レースは1上から追い上げて同点での優勝をつかみましたが走りを振り返っていかがですか

1上で、トップを平井君が走っているのはわかっていて、自分たちはとにかく目の前の5艇6艇を死ぬ気で追い抜くことに集中して、2人で声をかけながら全力で追いかけました。かなり焦りと集中で記憶もぼんやりなのですが、なんとしても優勝するという気持ちで走りました。

――470チームの結果をどのようにとらえていますか

自分はまだ2年生で、意見を言えるような立場ではないのですが、チームとしてはこの結果に満足は全くしていないので、これから全日本インカレまで、個のアップだけではなくチームとしてさらなるパワーアップをして西宮に入りたいと思います。

――今後に向けて意気込みをお願いします

自分は、クルーとしてはまだまだ未熟でチームに迷惑をかけることが多いのですが、この結果は1つの自信として捉えつつ、内容には満足せず、レベルアップをし続けたいと思います。次の目標は秋インカレ全日本インカレ優勝です。

スナイプ級スキッパー尾道佳諭(スポ2=山口・光)

――今大会にはどういった目標を掲げて臨みましたか

優勝です。

――練習での調子を踏まえて自信はありましたか

優勝した松尾虎太郎(スポ3=山口・光)がえぐいくらい速いので、自信はなかったです。それを倒したいなとずっと思って練習してきて、練習での調子はまあ良くて、春イン(関東学生春季選手権)で個人成績トップを取れて、東日本スナイプで3位入賞できて学生ではトップを取れたので、前々から調子は良いまま臨めたんじゃないかなと思います。

――3日間のレースを振り返っていかがですか

もうちょっと頑張れた部分があるんじゃないかなと思います。スタートがまず全然出られなくて、後から追い上げる展開のほうが多かったので、全体的にもっとスタートを詰めていけるなと思いました。大きく外すってことがあって、第6レースくらいまでは安定して走れていて、トップともカットして2点差だったので、意外といいところにいるなと思っていたんですけど、その次のレースから2本連続でスタートを失敗して内容も良くなかったので、スタートと自分自身プレッシャーに弱い部分もあったと思います。

――トップフィニッシュを飾った第3レースを振り返っていかがですか

そのレース自体も良かったわけではなかったです。スタートはうまくいったんですけど今回準優勝した同志社の松尾さんが追い上げてきて、一瞬前に出られてやばいなと思ったんですけど、フィニッシュ前の下マーク回る時に自分から仕掛けてインに入られないように攻めることができて先に回れたので1位を取れました。

――2位浮上の可能性も見えた最終レースを振り返っていかがですか

最終レースもスタートがそんなに良かったわけではなかったんですけど、その後は走りに集中して風をしっかり考えて焦らずに走れたことが、1上を3番で回れる結果につながったのかなと思います。松尾さんははじめ二十番ちょいくらいのところにいたので、これはいけると思ったんですけど、下マーク回った後タック返したらすごい近くにいて、ここまで上がってくるか!と思いました。これはやられたなと思いながらレースをしていて、最後まであきらめはしなかったんですけどやられちゃいました。

――最後に今後の課題と意気込みをお願いします

課題はまずスタートでしっかり出ることです。スタートで出られないことで始めから自分が行きたい方向に行けないということがこの大会に限らずほかのレースでもあったので、スタートの改善と、あとはトップ艇と比べるとまだまだ走りだけでは自分は入賞するのは厳しいので、普通に走っている時もそうだし、接戦の時とかの自分の走りをもっと磨いていきたいなと思います。

470級スキッパー(スポ1=福岡・中村学園三陽)

――今大会の目標を教えてください

5位以内です。

――練習での調子と自信のほどはいかがでしたか

正直あまり自信はなかったです。今までの大会での結果に対して5位を取れるほど成長しているのかなという不安は正直ありました。

――3日間のレースを振り返っていかがですか

納得のいくレースは全く出来なかったです。無駄な動きが多かったです。タックしなくていいところでタックしたり、ジャイブしなくていいところでジャイブしたり、そんなことばっかりで、今起きていることに対して対応しているだけで、そうしたことによって何が起きるのかという予測が全くできていなかったです。

――今後の目標と意気込みをお願いします

この悔しさをばねに全日本インカレでは優勝して、来年の個選も優勝したいです。