25日の本拠地アスレチックス戦で配布、笑顔の大谷が大量にプリントされたTシャツ

 エンゼルスの大谷翔平投手の笑顔の写真が大量にプリントされたTシャツが24日(日本時間25日)の本拠地アスレチックス戦で配布される。その衝撃的なデザインが早くも大きな話題となっているが、エンゼルスの公式インスタグラムは水原一平通訳がこのTシャツを着用した写真を公開。ファンにも球団関係者にも人気の通訳は、何とも言えない笑顔でフレームに収まっている。

 大谷の“笑顔だらけTシャツ”は、アスレチックス戦で来場者先着3万人にプレゼントされる。8月28日(同29日)の本拠地レンジャーズ戦の試合前には、守護神のハンセル・ロブレス投手が着用して報道陣の前に登場し、周囲を驚かせていた。

 エンゼルスは10日(同11日)、このTシャツを水原通訳が着用している写真を公開。ダグアウト内で撮影されたもので、Tシャツの大谷と同じように爽やかな(?)笑顔を浮かべている。球団は水原通訳の人気を利用し、あらためてTシャツの配布日を宣伝している形だ。

 大谷のボブルヘッド人形が先着3万人に配布された7月16日(同17日)の本拠地アストロズ戦では、エンゼルスタジアムは大観衆で埋まった。この“お宝”Tシャツをゲットするために、再び多くの人が観戦に訪れそうだ。(Full-Count編集部)