<写真・第2ダブルスで勝利した1年生の鎌田・松久ペア>

  9月10日、関西大学体育館にて平成31年度関西学生バドミントン秋季リーグ第1戦(対天理大)が行われた。

   第1シングルスの酒井(理1)が果敢に攻めるも、相手の巧みなプレーに翻弄(ほんろう)され、敗北。第2シングルスの松岡(経2)は圧倒的な強さを見せ、ストレート勝ちを収めた。続く第1ダブルスの佐々木(人4)・結城(法4)ペアは強烈なスマッシュが光り、ストレート勝ち。続く第2ダブルスの鎌田(文1)・松久(人1)の1年生ペアがともに強気なプレーでストレート勝ちし、勝負は第3シングルスの上田(文4)に託された。ここでも攻め続けストレート勝ちし、関学は4-1で天理大に勝利した。

次戦はあす、近畿大学東大阪キャンパス体育館にて同大会2日目(対武庫女大)が行われる。

本日の結果

S1酒井★0-2

S2松岡☆2-0

D1佐々木・結城☆2-0

D2鎌田・松久☆2-0

S3上田 ☆2-0

試合後のコメント

佐々木絢子女子リーダー「西カレが終わったばかりで気持ちの切り替えが難しい中、1人1人が自分の持っている力を出せており、良い雰囲気でできた。また、西カレと比べて団体メンバーは10人から12人と増えたので、ベンチから盛り上がって応援することができた。あすは関学の強みである人数の多さで、ベンチから盛り上げ、選手を支えて勝ちにいく。武庫女大は、勢いに乗ってこられる可能性もあるので、自分たちが向かっていき勝ちたい」