9日ソフトバンク戦で審判員に抗議して退場処分を受けていた

 日本野球機構(NPB)は10日、9日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で審判員から退場処分を受けたロッテの井口資仁監督に厳重注意と制裁金5万円を科したと発表した。

 井口監督はソフトバンク戦の4回に先発・二木がソフトバンク・グラシアルに死球を与えた際、スイングをしたのではないかとベンチを出て抗議。直後に嶋田球審から退場を宣告されていた。(Full-Count編集部)