アストライアがディオーネに快勝、加藤は先制打&美技と活躍

 埼玉県・市営浦和球場で8日に行われた女子プロ野球・秋季リーグ、埼玉アストライア-愛知ディオーネは5-0で埼玉アストライアが勝利した。

 埼玉アストライアの先発は、前回ディオーネ戦で1安打完封した磯崎由加里。対する愛知ディオーネは秋季リーグ初先発の松谷比菜乃。

 1回表、埼玉アストライアは松谷の立ち上がりを攻め、猛攻を仕掛ける。2番只埜がライト前ヒットで出塁すると、3番加藤がライトの頭上を越えるタイムリーツーベースヒットを放ち先制。続く4番泉にもタイムリーが飛び出し、1点を追加した。さらに1死満塁となったところで7番山崎が走者一掃の右越えスリーベースヒットを放ち、初回から5点を奪った。

 ディオーネの碇監督は先発・松谷を早くもここで諦め、マウンドにエース里綾実を送る。里は後続を抑え、追加点を許さない。

 2回、何としても点を取り返したい愛知ディオーネは、2死二塁の場面で岩見がセンター前ヒットを放つと、二塁にいた寺部がホームを狙う。しかし、惜しくもホームタッチアウトに。その後も得点を狙いにいこうとするも、磯崎の緩急を使ったピッチングに翻弄され、ホームが遠い。

一方の埼玉アストライアは4回、金城の放ったレフトフライを加藤が懸命に追いかけ、フェンスにぶつかりながらもアウトに。磯崎を援護するファインプレーを魅せた。

 最終回の7回表、里は2番只埜を渾身の投球で3球三振に仕留め、これが自己通算400奪三振達成。京都フローラ小西美加に次いで2人目の快挙となった。一方、里の奮闘に応えたいディオーネ打線は最終回、チャンスをつくるも打線がつながらず無得点のまま試合終了。埼玉アストライアが秋季リーグ4勝目を挙げた。

 先発の磯崎は4安打完封勝利。2戦連続の完封勝利となり、試合後には「今日は私自身、あまり調子は良くなかったですが、野手陣が点を取ってくれたことはもちろん、良いプレーでリズムをつくってくれたことが大きかったです。
次戦以降も無駄な四死球を減らし、守備からリズムをつくっていけるように修正します」とコメントした。

 一方の愛知ディオーネは秋季リーグの勝利がないまま3敗目。磯崎に対しては2戦連続の完封負けと悔しい結果となってしまった。日本女子プロ野球リーグ