フローラは3回に一挙4得点、アストライアは打線が沈黙

 埼玉県・市営浦和球場で8日に行われた女子プロ野球・秋季リーグ、埼玉アストライア-京都フローラは6-0で京都フローラが勝利した。

 先発のマウンドには谷山莉奈。対する京都フローラは龍田美咲。初回、両者はともにランナーを出しながらも無得点に抑える。しかし3回、京都フローラはサードゴロ送球エラーの間に1点を先制すると、4番岩谷がレフト前ヒットで2点目を追加。さらに4回表は猛攻を見せ、8番白石、1番三浦、3番村松のタイムリーでこの回一挙4点を奪った。

 埼玉アストライアは反撃に出ようとするも、龍田の好投と守備に阻まれ、得点が奪えない。終わってみれば、6-0で京都フローラが2戦連続の完封勝利。龍田が9勝目を挙げ、小西美加と並んでハーラートップタイとなった。

 試合後、龍田は「7日の試合の勢いにしっかりと乗ることができ野手の方が先に点を取ってくれたので自分のピッチングに集中できて完封できました。雨で中断などもある中で、集中力を切らさず最後まで打たせて取るピッチングで投げきれたことが良かったです。次もすぐ試合があるのでテンポよく打たせて取るピッチングでもっともっとチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います!」とコメントした。

 一方の埼玉アストライアは、この日の愛知ディオーネとの第1試合と打って変わってわずか3安打。魅力の打線が沈黙した。日本女子プロ野球リーグ