シーズン最後に年間の上位8選手で競う「Nitto ATPファイナルズ」の出場権をかけた「レース・トゥ・ロンドン」。ATP(男子プロテニス協会)が9月9日付けのレースランキングを公表した。錦織圭(日本/日清食品)は2,180ポイントで、「全米オープン」前と変わらず現在8位につけている。

錦織は前週まで行われていた「全米オープン」に出場、3回戦敗退で90ポイントを加算した。現在8位の錦織と7位のロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)とのポイント差は170ポイント差、錦織と9位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)とは20ポイント差だ。

さらに10位アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とは60ポイント差、11位ダビド・ゴファン(ベルギー)・12位ガエル・モンフィス(フランス)とは100ポイント差で、8位圏内争いは激しさを増している。

一方、「全米オープン」ベスト8のロジャー・フェデラー(スイス)と、自身初のグランドスラム準優勝を果たした23歳ダニール・メドベージェフ(ロシア)は最終戦出場権を獲得した。フェデラーは17回目、メドベージェフは初の最終戦出場となる。

これで「Nitto ATPファイナルズ」出場権の、残る枠は4つ。

そして錦織の次戦は、9月30日から東京で行われる「楽天ジャパンオープン」を予定している。「全米オープン」での敗戦から約1ヶ月空くため、できるだけしっかり回復し日本で躍動することが期待される。

◇   ◇   ◇

【9月9日付レース・トゥ・ロンドンランキング】

順位 名前(国籍) ポイント

1.ラファエル・ナダル(スペイン) 9,225 [出場権獲得]

2.ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 7,265 [出場権獲得]

3.ロジャー・フェデラー(スイス) 5,510 [出場権獲得]

4.ダニール・メドベージェフ(ロシア) 4,805 [出場権獲得]

5.ドミニク・ティーム(オーストリア) 3,845

6.ステファノス・チチパス(ギリシャ) 3,160

7.ロベルト・バウティスタ アグート (スペイン) 2,350

8.錦織圭(日本/日清食品) 2,180

9.マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 2,160

10.アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 2,120

11.ダビド・ゴファン(ベルギー) 2,080

12.ガエル・モンフィス(フランス) 2,080

13.ファビオ・フォニーニ(イタリア) 1,965

14.ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 1,850

15.スタン・ワウリンカ(スイス) 1,670

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」での錦織

(Photo by Chaz Niell/Getty Images)