4回、ソフトバンクの攻撃中に退場となる

ソフトバンク – ロッテ(9日・ヤフオクドーム)

 ロッテの井口資仁監督が退場処分となった。9日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。4回、ソフトバンクの攻撃でグラシアルへのデッドボールを巡って嶋田球審に抗議し、退場を宣告された。

 この回1死一塁で先発・二木が投じたボールはグラシアルに直撃。この際にバットをスイングしていたようにも見え、井口監督は嶋田球審に抗議に出た。すると、抗議を受けた嶋田球審が退場を宣告。井口監督は納得がいかない様子で両手を広げて天を仰いだ。場内には「井口監督を禁止行為により退場処分とします」とアナウンスがあり、鳥越裕介ヘッドコーチが監督代理となることも合わせてアナウンスされた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)