「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会13日目、女子シングルス決勝で、第15シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)に3-6、5-7で敗れ、準優勝となった第8シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)。

そのセレナが、試合後の記者会見で試合を振り返った。

Q:大変、残念な思いがあると想像できます。今日の結果は、ご自身の問題だと思われますか?それとも、彼女が上回っていたと思われますか?

「間違いなく残念よ。答えは、どちらもね。自分はもっと良くできたと思うわ。でも、彼女は本当に良いプレーをした。優勝も当然だと思う」

Q:お互いの戦い方ですが、どこか類似点等はありますでしょうか?

「2人ともファイタータイプで、ものすごくプレーに集中するという点では似ていると思う。そして、お互いにテニスを本当に楽しんでいる。説明しにくいけれど、私たちはお互いに、かなり激しく戦うプレーヤーだと思うわ」

Q:様々な戦いを経験する中で、良い時も悪い時もあったと思います。これから更なる記録や挑戦に向かっていくために、どういう切り替えを考えていますか?

「私は記録を追っていないわ。グランドスラム優勝を目指しているだけよ。間違いなく、フラストレーションは溜まるけれど、私はまだここにいる。自分ができることを続けているだけよ」

Q:2セット目、5-2で負けていました。まず1ゲームを取り返し、次にもう1ゲーム。あの時のお気持ちをお聞かせ下さい。

「正直にいうと、"なんてひどい状況なの"と嘆いていたわ。何とかしなければと思っていたの。"こんな負け方はしたくない!もっと良いプレーをしなきゃ!"とね」

Q:負けたことの受け入れ方や、相手を称える姿が印象的でした。この様な敗戦は以前より気にしなくなりましたか?

「どう答えたらいいのかわからないわ」

Q:勝者を称えていました。

「私はいつも対戦相手を称えているわよ」

Q:負けた事実は以前より気にしなくなりましたか?

「とんでもない。間違いなく嬉しくなんてないわ。でも、前に進むしかない。一歩ずつね」

「今日は、実際のところ、ベストのプレーができなかった。もっといいプレーができたはず。それくらいしか自分を慰める言葉が見つからないわ」

Q:アンドレスクは多様性と迫力のあるテニスをすると思います。今日の彼女のプレーで何か驚かされることはありましたか?

「今日は多様性よりも、迫力の方が増していたわ。いろいろなショットを繰り出す余裕は与えなかったと思う」

「彼女のことは大好きよ。すごく良い子。でも今日の試合での私のプレーは、今大会中最悪だった。けれど、もっといいプレーができたかどうかを知ることは難しいこと。受け止めるしかないわ。なんて言ったらいいのかわからないわ」

Q:試合が終わってから1時間ほど経ちました。この間、何をお考えでしたか?

「そうね、今大会ずっとサーブが良くて、2回しかサーブを落とさなかった。それなのにどうして今日は、ファーストサーブが入らなかったのかしら?と考えていたわ」

「そのことをずっと考えていたわ。決勝戦だというのに、なんてテニスをしているのかしら?とね。さっきも言ったように、ビアンカは素晴らしいテニスをしたわ。彼女のリターンが、私のプレーのレベルも上げてくれた。私のサーブに対して圧力をかけてきた。それに対して、今日の私のプレーは許されるものではなかったわね」

Q:あなたは数々のグランドスラムの決勝を経験しています。最初のグランドスラムの決勝を覚えているか分かりませんが、ビアンカにとっては今回が初めてでした。彼女の落ち着きには驚きを感じましたか?ほとんどの観客があなたを応援している敵地での戦いで、彼女は気にすることなくプレーをしました。彼女の落ち着きには感心なさいましたか?

「そうね、彼女はプレッシャーの中でもいいプレーをしたと思う。インディアンウエルズでもすごいプレーをしたわ。あの試合でも優勝候補ではなかったと思うけれど、全力を尽くしていいプレーをした。彼女は常にベストなプレーをしているのだと思うわ。それが、ボールに追いつき、ウィナーを打ち、気迫のこもったプレーをすることなのよ」

「今日は、そんな彼女のベストなプレーが、うまく発揮されたのだと思う」

Q:今日は残念でしたが、今回大会ではすばらしい成績を残しました、今現在それについて喜んでらっしゃいますか?それともまだ実感がありませんか?あなたが、ご自身のこうした努力を通してしていることや、伝えたいことをお聞かせください。

「ありがとう。20年後には、"そんなに悪くなかったじゃない"という気分になると思うわ。でも今、この瞬間は、負けたことを受け止めて"今日はうまくいかなかったけど、よくやったわ"と言うことは難しい。今はまだ、まったくそう思えないから」

「もっと、いいプレーができたと信じているし、もっと色々できたと思う。もっと、いいセレナが出せたと思うわ」

「正直、本当のセレナは今日の試合では出てこなかった。とにかくグランドスラムの決勝に、本当のセレナが現れる方法を見つけないと」

Q:今は複雑な心境だと思います。あなたは今日のプレーはベストではなかったと言いました。確かに、ファーストサーブの確率が物語っています。またダブルフォールトも信じられませんでした。以前にもアンジェリック・ケルバー(ドイツ)、大坂なおみ(日本/日清食品)、シモナ・ハレプ(ルーマニア)に決勝で負けています。彼女たちとの試合でも、あまりいいプレーができなかったと思いますが。

「そうね」

Q:今回の試合は過去のものほど、悪い出来ではなかったですか?今日はベストを尽くしたけれど、負けたということだったのか?そして、過去の負けも、自分の思い通りに戦えずに、悔いの残るものでしたか?今日のあなたは戦っていました。

「そうね、今日は戦ったと思うわ。ケルバーとの試合は正直含めたくないわ。あの時は疲れていただけなの。当時、子供がまだ8ヶ月で、それだけでも大変だったわ。でもどの試合をとっても、とにかく相当悔しいわ!あと、ほんの"ちょっと"なのに、その"ちょっと"が、とてつもなく遠いのよ」

「なんて説明したらいいか分からないけれど、プロテニス選手を続けるためには前に進むしかないわね。ずっと戦っていくしかない。今日はハレプ戦よりはよかったと思うわ」

Q:去年は今大会よりも弁解することが多かったと思われますか?

「質問の意味が分からないわ。とにかく、ありがとうございました!」

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのセレナ

(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)