「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)の大会最終日、男子シングルス決勝。第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が7-5、6-3、5-7、4-6、6-4で第5シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)を破り、自身4度目となる優勝を果たした。そのナダルが試合後のセレモニーで喜びの声を語った。

試合を振り返ってナダルは「素晴らしい決勝戦でした。この試合を全てコントロールできたわけではありません」「ダニール、素晴らしい試合をしてくれてありがとう。彼はベストプレーヤーの一人です。みんな彼の実力を堪能できたと思います。これからの活躍を期待しています」と語った。

「彼は試合のリズムを変えるなど、ものすごい力を発揮したと思います。彼も、彼のチームも本当に素晴らしいと思います。今後もますます活躍されると思います」

「後は何を語れば良いのか。感情がこみ上げてきています」と言葉を詰まらせる場面も見せた。

そして「応援してくれたみなさん、本当にありがとう。最高の雰囲気でした。いつもは最後に感謝するんですが、今日は先に感謝させてください。みなさんの作ってくれた雰囲気は本当に最高でした。声援の大きさにも感動したし、一人一人の声が私に届きました。全世界のみなさんに感謝したいです。こんなにエネルギーにあふれた会場は初めてです。ありがとうございます」と、観客に対しての感謝を伝えた。

「今日はタフな試合をなんとか勝つことができました。勝てないと思ったこともありました。本当にクレイジーな試合でした」「何と言えば良いのか分かりません。感情がこみ上げてきて言葉になりません」

最後に「チームのみんながいなければ、ここに立っていないと思います。みんな僕と一緒に苦しんでくれて、頑張ってきてくれてありがとう。良いときも悪いときも一緒です。みんながいたおかげで今のこの瞬間を分かち合えています」とチームに感謝を伝えると「また来年もお会いしましょう」と笑顔でスピーチを締めくくった。

19回目のグランドスラム制覇を成し遂げたナダル。男子の最多はロジャー・フェデラー(スイス)の20回で、あと1つと迫った。BIG3の一角としてまだまだ活躍を続けるナダルが、フェデラーの記録に追いつけるのか。早くも来シーズンのグランドスラムに注目が集まる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのナダル

(Photo by Al Bello/Getty Images)