「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)の大会最終日、男子シングルス決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)に5-7、3-6、7-5、6-4、4-6で敗れ、準優勝となった第5シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)。そのメドベージェフが、試合後のセレモニーで試合を振り返った。

メドベージェフはスピーチで「ラファ、おめでとうございます。19回目のグランドスラム制覇なんて信じられません。立派な実績です。チームのみなさんもおめでとうございます。彼に勝つなんて本当に大変です」とナダルとそのチームを称えた。

セレモニーの前には、ナダルのこれまでのグランドスラム制覇のシーンがスクリーンで上映されていたが、それについて「彼の優勝した全部の映像を見ていました。私が勝ったら見せるものが無いなあと思いながらですが」と会場の笑いを誘った。

そして「多くの子どもたちがあなたの活躍を見ています。このスポーツに対する貢献は偉大なものです。ありがとうございます」と改めてナダルを称えた。

2セットダウンからフルセットまで粘りを見せたメドベージェフは「最初はセットを連取されて、そこから盛り返して。とにかく頑張るしかないという思いがありましたが、最後まではいけませんでした」と試合を振り返った。

また、大会序盤で不適切な行動をとったことで観客からブーイングを受けたことについて「この大会の序盤でマナーが悪いことがあったかもしれませんが、みなさんのおかげで決勝戦まで勝ち残ることができました。ありがとうございました」と謝罪と感謝を述べ、観客もそれに応えるかのように歓声をあげた。

「しびれるような経験をしました。ブーイングにしても、声援にしても、みなさんの声が私を動かしました。良い部分も悪い部分も発揮することができました。ありがとうございます」

チームに対しては「この2週間、本当にありがとう。今年、私にとって多くのことが変わり、決勝に出ることができました。不可能なことが可能になったと思います。支えてくれたみなさん、ありがとう。そしてここでプレーできたことを本当に感謝しています」とスピーチを締めくくった。

ナダルの優勝により、この3年、グランドスラム合計12大会はいずれもBIG3の誰かによる優勝となった。今回その牙城は崩せなかったが、それでもこの決勝戦でメドベージェフはそれを打破できるだけの力を持っていることを示した。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」決勝戦後にナダル(左)を称えるメドベージェフ(右)

(Photo by Al Bello/Getty Images)