2回に3者三振など好投でリーグトップ5度目の完封

 7日に埼玉県・市営浦和球場で行われた女子プロ野球秋季リーグ、埼玉アストライア対京都フローラは5-0で京都フローラが勝利。先発の植村美奈子投手が今季5度目の完封勝利を飾った。

 京都フローラは埼玉アストライアの先発、古谷恵菜投手を相手に初回から攻めた。2番、厚ヶ瀬が中前打で出塁すると、続く村松が自身プロ通算100安打目となる左前打で1死一、二塁とチャンスを作る。この回は無失点に終わるも、2回には佐々木が右中間を破る適時三塁打で先制。さらに3回にも岩谷が右中間への適時二塁打、4回にも岩谷、中村の連続タイムリーでリードを広げた。

 試合前に「テンポよく投げることを意識したい」とコメントしていた植村は、2回に5番みなみ、6番御山、7番田口紗帆と強打者を3者三振に斬るなど好投。最終回には満塁のピンチを招くも、最後まで球威は衰えず3安打無失点に抑え、リーグトップとなる5度目の完封となった。

 試合後、植村は「今日の試合は村松選手と2人でしっかり作り上げられたのが良かったと思います!私が秋季リーグ初先発で緊張している中でうまく良いところを引き出すリードをしてくれました。
チームに良い流れを、と思っていた投げた結果だと思うので完封できてよかったと思います。ここから秋季リーグ優勝に向けて勢いづけて次も勝てるように頑張ります」とコメントした。日本女子プロ野球リーグ