「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)の大会最終日、男子シングルス決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第5シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。第3セットは5-7でナダルが落とし、セットカウント2-1となった。

セットカウント2-0で迎えた第3セットは、メドベージェフのサービスゲームから。このセットは序盤からお互いにサービスゲームをキープし合う、静かな立ち上がりとなった。

第5ゲーム、ナダルがこのセット両者通じて初となるブレークポイントを握った。ラリーを制したナダルがブレークに成功し、先行する。

ブレーク直後の第6ゲームで2本のブレークポイントを握られたナダル。攻撃的なプレーでしのぎ、デュースに持ち込んだ。しかし、ラリーの末にスマッシュをミスしたナダルが再びピンチを迎えると、ブレークバックを喫し、ゲームカウント3-3とされた。

両者サービスゲームをキープし、迎えた第9ゲームでチャンスを作ったナダル。しかし2本のブレークチャンスをことごとくしのがれ、リードすることができない。

第10、11ゲームとお互いにラブゲームでキープし、ゲームカウント5-6で迎えた第12ゲーム。ここでナダルは0-40とピンチになると、しのぎきれず5-7で第3セットを落としてセットカウント2-1となった。

試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第4セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのナダル

(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)