2犠打で単独トップに浮上、ドジャースは完勝で地区優勝へ“王手”

ドジャース 5-0 ジャイアンツ(日本時間9日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手は8日(日本時間9日)、本拠地ジャイアンツ戦に2番手で登板し、4回1安打無失点6奪三振と快投。3回からの4イニングをほぼ完璧に抑えて9勝目(8敗)を挙げた。打撃では2つのバントを決め、今季13犠打に。ナ・リーグ単独トップに浮上した。ドジャースは5-0で快勝し、地区7連覇へのマジックを「2」とした。

 ドジャースは左腕ウリアスが先発。3回45球での降板が目処だったが、2イニングで43球に到達したため、前田は3回からマウンドに上がった。

 まずはクロフォードを中飛、ポージーを速球で空振り三振、ベルトを右飛と3者凡退のスタート。その裏には、1死一塁で犠打を決めたが、得点にはつながらなかった。4回は再び3者凡退の快投。すると、その裏にビーティが先制2ランを放ち、前田を援護した。

 5回も3者凡退で9打者連続アウト。リードをもらった後も快投を続ける前田は、その裏に1死一塁で2度目の打席が回り、再びバント。ここもきっちりと決めて今季13犠打目とし、カーショー、柳賢振、グレイ(12犠打)を抜いてリーグ単独トップに浮上した。

 ドジャース打線は続くピーダーソンが相手のエラーで出塁してリードが広がると、シーガーが3ランで突き放す。前田は6回、先頭クロフォードを空振り三振で10打者連続アウトとした後、ポージーに右前打を浴びて初めて走者を出したが、後続を断って無失点。ここでマウンドを降りた。

 ドジャースは3番手以降も無失点でつなぎ快勝。連敗を「2」で止め、7年連続の地区優勝へのマジックを「2」とした。前田は49球を投げてストライクは36球。防御率は4.07となった。(Full-Count編集部)