3回から登板して快投、2つのバント決めて13犠打はリーグ単独トップ浮上

ドジャース – ジャイアンツ(日本時間9日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手は8日(日本時間9日)、本拠地ジャイアンツ戦に2番手で登板。3回からマウンドに上がり、4回1安打無失点6奪三振と快投。9勝目の権利を持ってマウンドを降りた。打撃はきっちりと2つのバントを決め、今季13犠打に。ナ・リーグ単独トップに浮上した。

 先発ウリアスが2イニングで予定の45球に迫る43球に到達すると、前田は3回からマウンドへ。クロフォードを中飛、ポージーを速球で空振り三振、ベルトを右飛に仕留めた。

 その裏には、1死一塁できっちりと犠打を決めるも、ピーダーソンはニゴロで得点はならず。前田は4回もロンゴリアを速球で空振り三振、ピラーを一ゴロ、ヤストレムスキーを一ゴロと3者凡退に抑えると、その裏にビーティの先制2ランが飛び出した。

 5回はデービスを遊ゴロ、デュボン、ロドリゲスを空振り三振と9打者連続アウト、4奪三振の完璧な投球を見せる。その裏には1死一塁で再びバント。一塁線にきっちりと決め、今季13犠打目に。同僚のカーショー、柳賢振、レッズのグレイの12個を抜き、リーグ単独トップに浮上した。続くピーダーソンは相手のエラーで出塁し、シーガーが3ラン。前田の犠打も効き、5-0と大きくリードが広がった。

 6回は先頭クロフォードを空振り三振に仕留めた後、ポージーに右前打を許して初めて走者を出すも、ベルトは遊飛、ロンゴリアは空振り三振で3アウト。ここも無失点に抑え、49球でマウンドを降りた。ストライクは36球。防御率は4.07となった。(Full-Count編集部)