「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)の大会最終日、男子シングルス決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第5シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。第2セットはナダルが6-3で連取し、4度目の優勝まであと1セットとした。

第2セットは、第1セットを7-5で先取したナダルのサービスゲームからスタート。第1ゲームでメドベージェフにブレークポイントを握られるも、ナダルがキープ。

そして第4ゲームで0-40と大きなチャンスをつかんだナダル。しかし粘るメドベージェフにいずれもしのがれてデュースに持ち込まれる。再びアドバンテージを奪ったナダルだが、ここもセーブされ、ブレークすることができない。

ナダルはさらに第6ゲームでもブレークポイントを握ると、今度はこのチャンスを活かしてブレーク。ゲームカウント4-2とした。

その後、メドベージェフにブレークチャンスを与えないナダルがサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームを守り切り、6-3で第2セットを連取した。

試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのナダル

(Photo by Elsa/Getty Images)