2回にフライを捕ろうとして…マウンドで転倒 「栗山監督めっちゃ笑いこらえてるやんww」

日本ハム 2-0 オリックス(8日・札幌ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が、8日の本拠地オリックス戦で守備での転倒に自己最多タイ7号ソロと“存在感”を見せた。2回のマウンド上での“ずっこけ”にはベンチも大爆笑。「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeチャンネルが「こける。」とのタイトルでその瞬間の動画を公開すると、ファンからは続々と“歓喜”の声が上がった。

 珍プレーは2回2死一塁の守備で起きた。西浦が打ち上げたマウンド付近の飛球を大声を出して追いかけた清宮は、なんとマウンドに足をつまずかせて転倒。その横で三塁・浅間が難なく補球した。清宮はグラウンド上で仰向けのままでしばらく静止。その後、一塁ミットで口元を隠しながら、赤面で自軍ベンチへ戻っていた。

 だが、その後、1点リードの8回先頭で増井から汚名返上の7号ソロを放つあたり、やはりただ者ではない。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネルは【F清宮シリーズ】として、6回に二塁からの送球を体を伸ばして捕球したプレーを「伸びる。」、8回のホームランを「爆ぜる。」、そしてズッコケのシーンには「こける。」とタイトルをつけて動画を公開した。

 いずれもマルチアングルで、“爆笑転倒”もあらゆる角度から撮影された動画が編集でつなげられている。最後には、ベンチで栗山英樹監督が笑いをこらえきれずに手で顔を覆う場面も収められた。本人が「めちゃくちゃ恥ずかしかった」と振り返り、栗山監督が「笑っちゃいけないけど、笑いをこらえるのに必死」と話した珍プレーにファンも大喜びだった。

「栗山監督も爆笑でベンチも爆笑で俺も爆笑だった笑」
「生でみてるときパリーグTV行きだと思った」
「栗山監督めっちゃ笑いこらえてるやんww」
「栗山監督爆笑やんけ笑」
「コケることによって、笑い、衝突回避、アウトの3つをとった怪物」
「監督笑い堪えるのに必死やないかwww」
「現地にいたんだけどまじびびった 4万人が大爆笑」
「笑いすぎだろw」

 やはり栗山監督の反応に注目した人が多かった様子。日本ハムは8連敗の後に3連勝。チームに明るさも戻ってきたようだ。(Full-Count編集部)