現地8日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会最終日。男子シングルス決勝、女子ダブルス決勝、車いす男子シングルス決勝、車いす男子ダブルス決勝、車いす女子シングルス決勝、車いす女子ダブルス決勝が行われる。

男子シングルス決勝。第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第5シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)が対戦する。両者は過去に一度だけ、8月の全米前哨戦「ATP1000 モントリオール」決勝で対戦しており、その時はナダルが6-3、6-0で圧勝した。

「全米オープン」では2年ぶり5度目の決勝に臨む、33歳のナダル。同大会4度目の優勝を目指す。今大会ここまでで落としたセット数は、4回戦でマリン・チリッチ(クロアチア)に奪われた1セットのみだ。対する23歳のメドベージェフは、今回が自身初のグランドスラム決勝。そして、前哨戦から4大会連続で決勝進出という快進撃を見せている。

BIG3の一人であるナダルと、若手のメドベージェフによる注目のグランドスラム決勝。試合は、日本時間9日の午前5時以降に開始予定だ。

車いす男子ダブルス決勝、グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)/国枝慎吾(日本/ユニクロ)がアルフィー・ヒュウェット(イギリス)/ゴードン・リード(イギリス)と対戦する。

国枝ペアは、前年2018年の「全米オープン」では初戦でヒュウェット/リードに敗れている。今回は決勝の舞台で、その時の雪辱を果たせるか。

また、車いす女子シングルス決勝では、第2シードの上地結衣(日本/三井住友銀行)が第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)と対戦する。両者の過去対戦成績は、上地の14勝13敗。

前日に準々決勝と準決勝の2試合を戦い、決勝まで勝ち上がってきた上地。前年の同大会決勝で敗れた相手を、今回は撃破することができるか。

◇   ◇   ◇

【9月8日の注目ドロー】

◆「全米オープン」

男子シングルス決勝

[5]ダニール・メドベージェフ(ロシア)対 [2]ラファエル・ナダル(スペイン)

車いす男子ダブルス決勝

アルフィー・ヒュウェット(イギリス)/ゴードン・リード(イギリス)対 グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)/国枝慎吾(日本/ユニクロ)

車いす女子シングルス決勝

[1]ディーダ・デ グロート(オランダ)対 [2]上地結衣(日本/三井住友銀行)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのナダル

(Photo by Al Bello/Getty Images)