日本ハム 2-0 オリックス(8日・札幌ドーム)

 日本ハムが8日、本拠地でオリックスを2-0で下して3連勝を飾った。栗山英樹監督は、ルーキーイヤーの昨季に並ぶ7号ソロを放った清宮幸太郎内野手を褒めつつ、守備で転倒した場面については「笑いをこらえるのに必死」だったことを明かした。

 先発の金子弌大投手が6回6安打無失点と好投した。昨季まで在籍した古巣との対戦は、3月30日(札幌ドーム)の初回と2回に1点ずつを失っただけ。その後この日を含めて6試合に渡り30イニング連続無失点とキラーぶりを見せつけている。栗山英樹監督は「鬼気迫るというか、初回からいつも以上に何とかするんだという気迫を持って、弌大らしい、本当に素晴らしいピッチングだった」と称賛した。

 一方、打線はオリックスの先発・山本の攻略に手こずったものの、3回に先頭の平沼翔太内野手が左翼線二塁打で出塁し、犠打で三進した後、捕逸で先制のホームを踏んだ。8回には清宮幸太郎内野手の7号ソロで加点。7回以降は宮西尚生投手、石川直也投手、秋吉亮投手と完封リレーでつないで守り切った。

 8連敗後の3連勝に栗山監督は「1試合1試合一生懸命やる中で、選手たちが自分たちの力を出してくれると、チームが前に進むことは間違いない」とうなずいた。

清宮の本塁打は「素晴らしかった」も…「倒れてどうするんだよ」

 この3連戦で2発放った清宮にはついては「彼らしさというのはやっぱり長打なので、それは素晴らしかった」と褒めた後で「転んでる場合じゃないし」とチクリ。2回の守備でマウンド上に上がったフライを追いかけた清宮が転倒した場面を持ち出して「笑っちゃいけないけど、笑いをこらえるのに必死。球場中に聞こえるくらいの声で『俺が捕る』と言って倒れてどうするんだよ」と叱咤激励した。

 順位は5位のままで残りは14試合。「今この瞬間どれだけ集中できるか問われているし、チームは1回今年で終わるけれど、選手たちにとってずっと野球は続くし、ファイターズというチームも続いていく。そういう意味では残り試合が少ないとか全然関係ないので、一日一日しっかりやっていきます」と話した。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)