15試合ぶりとなる17号本塁打、実況のロハス氏「疑いの! 余地は! 無し!」

エンゼルス 8-7 Wソックス(日本時間8日・シカゴ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地のホワイトソックス戦に「4番・DH」で先発出場。3回の第2打席で15試合ぶりとなる17号本塁打を放つなど5打数3安打、メジャー自己最多5打点と躍動して、8-7での勝利に大きく貢献した。名物実況は巨大なムーンショットに大興奮。「疑いの! 余地は! 無し! ビッグフライ、オオタニサン!」と名台詞を20日ぶりに絶叫し、中継を盛り上げた。

 2-2で迎えた3回無死一、三塁。今季初の4番スタメンで、大谷が久々のアーチを描いた。カウント1-0から相手先発コヴィーの高めのツーシームを強振。打球は高々と舞い上がり、左翼スタンドに着弾した。

 ロサンゼルスで試合を中継している地元テレビ局「FOXスポーツ・ウェスト」の名物実況ビクター・ロハス氏は「左翼深くに飛んでいきました! 疑いの! 余地! 無し! ビッグフライ、オオタニサン! 3ランショットです。左翼にそびえ立ちました」と名台詞を炸裂させた。

 9月初アーチで、8月18日(同19日)の本拠地ホワイトソックス戦以来15試合58打席ぶりの一発は特大の一撃だった。打球速度107マイル(約172.2キロ)、飛距離403フィート(約122.8メートル)、打球角度33度。最高到達点111フィート(約33.8メートル)の圧巻のムーンショットに、名物実況も大興奮だった。(Full-Count編集部)