今季初の4番スタメンでメジャー自己最多5打点をマークした

エンゼルス 8-7 Wソックス(日本時間8日・シカゴ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地のホワイトソックス戦で今季初めて4番で先発出場した。初回の第1打席で先制の左翼線2点二塁打を放つと、3回の第2打席では左越えへ決勝17号3ラン。4回の第3打席で右前打を放って今季2度目のサイクル安打に王手をかけたが、6回の第4打席は投直、8回の第5打席は空振り三振に倒れた。それでも、今季9度目の3安打でメジャー自己最多5打点。また、4回に今季12個目の盗塁となる二盗をマークした。

 久々の一発は2-2で迎えた3回無死一、三塁だった。左越えへ17号3ラン。8月18日の本拠地ホワイトソックス戦以来15試合58打席ぶりの一発。打球速度107マイル(約172.2キロ)、飛距離403フィート(約122.8メートル)、打球角度33度。最高到達点111フィート(約33.8メートル)のムーンショットだった。

 初回1死一、二塁では左翼線へ先制2点二塁打。たった2打席でメジャー自己最多となる5打点をたたき出した。地元メディアは大興奮だった。地元放送局「FOXスポーツ・ウエスト」の名物実況、マーク・グビザ氏は自身のツイッターで「『ショー・タイム』が戻ってきた! 大谷が、二塁打とホームランで、5打点」と速報。米メディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番、ファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニが、オールスター以来の3度目のホームランを打った」とツイートした。

 1試合5打点は日本人ではヤンキース・イチローが12年8月10日のブルージェイズ戦でマークして以来。また、1試合で5打点以上かつ盗塁を決めたのは日本人初となり、チームでは7人目。13年5月21日のマリナーズ戦で記録したトラウト以来だ。チームも勝利へ導き、地元メディアも大喜びのショー・タイムとなった。(Full-Count編集部)