サイクル安打にリーチ、残すは三塁打

Wソックス – エンゼルス(日本時間8日・シカゴ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地のホワイトソックス戦で「4番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で先制の左翼線2点二塁打を放つと、3回の第2打席では左越えへ15試合ぶりの17号3ランを放った。4回の第3打席で右前打を放ち、今季9度目13試合ぶりの猛打賞をマークした。また、4回に二盗を決め、今季12個目の盗塁を決めた。三塁打が出れば、サイクル安打達成となる。

 今季初の4番スタメンで、大谷のバットが火を噴いた。2-2で迎えた3回無死一、三塁。先発右腕コビーから左越えへ17号3ランを描いた。9月初アーチで、8月18日の本拠地ホワイトソックス戦以来15試合58打席ぶりの一発。4番スタメンは昨年9月29日の本拠地アスレチックス戦以来343日ぶり。4番アーチは昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦以来346日ぶりだ。

 打球速度107マイル(約172.2キロ)、飛距離403フィート(約122.8メートル)、打球角度33度。最高到達点111フィート(33.8)のムーンショットだった。打球の角度が出ずに悩まされていた大谷にとっては嬉しい一発となったに違いない。

 初回1死一、二塁では先発右腕コビーから左翼線へ先制2点二塁打。4回1死では右前打を放ち、第3打席までに3安打5打点。トラウトがベンチスタートとなった一戦で勝負強い打撃を見せた。さらに、4回1死一塁では二盗を決め、今季12個目の盗塁をマークした。

 前日6日のホワイトソックス戦では「5番・指名打者」で先発出場。2回の第1打席で左翼線二塁打、7回の第3打席で右翼線三塁打を放ち、4打数2安打2三振だった。12試合ぶり今季33度目のマルチ安打をマークし、復調の兆しを見せていた。今季成績は試合前まで打率.288、16本塁打、55打点、11盗塁。(Full-Count編集部)