9月7日、AGFフィールドで行われた関東大学1部BIG8第1節、リーグ2位の桜美林大学と今季BIG8に昇格した神奈川大学の一戦は、21対14で神奈川大が勝利した。

第1Q終盤、QB舩戸怜郎(4年)が投げたプレーアクションパスを主将WR坂本アントニー・マウネディ(4年)が捕球。そのままエンドゾーンに駆け込み36ヤードTDパスで先制した。

第2Qには同点に追いつかれたが、後半最初の攻撃機会にQB舩戸がWR坂本への11ヤードTDパスを決め、第3Q8分34秒、この日3つ目になるQB舩戸・WR坂本のホットラインでTDを挙げてリードを広げた。

「春の試合が終わってから桜美林戦に向けて準備してきた成果を出せました。しかし、選手交代の伝達ミスなど、改善点はたくさんあります。BIG8全勝優勝に向けて2週間後の日大戦に向けて気を引き締めていきます」と、坂本は引き締まった表情で明かした。