「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会11日目、女子シングルス準決勝で、第15シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)が第13シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)と対戦。7-6(3)、7-5でアンドレスクが勝利し、同大会本戦初出場での決勝進出を果たした。勝者のアンドレスクは試合後の記者会見で以下のように話した。 (後編)その恐れしらずの強さはどこから来るのでしょう?

「どう答えていいのか見当がつかないわ。私自身の中から湧き上がってくるのでしょうけれど…お恐らくそれは、テニスに対する私の情熱なのだと思う。負けず嫌いだから、毎試合ベストを尽くすの」

「自分自身への期待度も高いの。そうした自分からのプレッシャーも起爆剤になっていると思うわ」

去年の予選での敗退時はどのような気持ちでしたか?

「あの時は、プライベートであまりいい時期ではなかったの。人間関係でも問題を抱えていたし、体調もすぐれず、精神的にも参っていた。その頃の私は、125Kシリーズに出場していたわ。"全米オープン"予選の前は、カナダでITFの60sの試合に出場したのを覚えている」

「でも、その頃を乗り越えてよかったと思う。誰もが、そういった困難に、いつかはぶつかるものだと思うから。沢山のことを学んだわ。とにかく、すべてをうまく積み重ねていけたことを嬉しく思う」

幼少期には、沢山の他のスポーツにも打ち込んでこられました。それは今のテニスにどう影響していますか?

「とてもいい影響を与えていると思うわ。別のスポーツをすることで、違った視点で物事を見ることができるし、瞬時に対応を迫られる場面も経験できる。特に、反射神経をやしなうことができたと思っているわ。けれど、ラケットを握った瞬間に他のことは全て忘れてしまうの」

あなたのコーチは「ロジャース・カップ」の決勝前に大変なことがあったと言っていました。内容については教えてもらえませんでしたが、そういったことはプラスに働きますか?

「大会を通して大変だったことですか?それとも決勝の直前?」

「ロジャース・カップ」決勝の入場前です。

「体調が100%ではなかったので、精神的にすごくナーバスになっていたわ。だって、テニスの女王との決勝よ。もちろんナーバスになるわ」

「けれど、そのナーバスな気持ち切り替えて、入場した後は、対戦相手が誰かということは考えないようにしたの。彼女とプレーした4ゲームの体験は、今回の決勝でも役に立つと思う」

あなたは逆転を繰り返していますが、そのことは精神的に有利に働きますか?

「私は負けているときにベストなプレーをするの。追い詰められると余計に集中力が増すみたい。第2セット2-5で負けていた時も、フルセットにしたくないと、自分に言い聞かせたの。それでスイッチが入ったみたい。ものすごく集中していたわ」

4年前、「オレンジ・ボウル」の16歳以下の部を優勝した時、あなたは15歳でした。続けて18歳以下の部を翌年に優勝しています。しかし怪我とも戦っていましたね。あなたは、ポジティブで強く、何が降りかかっても対処できる、不屈の闘志をもった女性になりました。その頃から、自分が今のようになると気がついていましたか?

「15歳の時点で?」

はい、覚えていますか?

「あの頃は、色々なことが起こる始まりだったと思う。ジュニアのトーナメントでは、いい成績を残していたし、そのことでプロに転向した後も自信はあった。とはいえ、プロはまったく別次元だけれど」

「16歳の時に"オレンジ・ボウル"で優勝したことは覚えているわ。自分の名前を、大会の小切手に署名したことをも覚えている。それ以降、ずっとそれを反芻しているの」

「次の試合の後でも、同じことができるとうれしいわ」

その小切手はまだ持っていますか?

「もちろん」

Sylvain Bruneauコーチとの相性についてお話ししてくれますか?現在の活躍には、彼はどの程度貢献していると考えていますか?

「もちろん、彼の功績は大きいわ。いい時も、悪い時もそばにいてくれた。2018年の初めからずっと一緒にやってきて、沢山のことを一緒に乗り越えたわ」

「彼から得たテニス知識と、彼からのサポートにはとても助けられた。彼は、素晴らしい人格の持ち主でもあるわ。テニスでも、プライベートでも、私たちは仲がいいの。彼とのチームで、これだけいい成績をおさめることができてとても嬉しい。本当に感謝しているわ」

(テニスデイリー編集部)

※写真は2019年「全米オープン」でのアンドレスク

(Photo by Mike Stobe/Getty Images)