「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会11日目、女子シングルス準決勝で、第15シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)が第13シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)と対戦。7-6(3)、7-5でアンドレスクが勝利し、同大会本戦初出場での決勝進出を果たした。勝者のアンドレスクは試合後の記者会見で以下のように話した。1年前に「"全米オープン"の決勝戦でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦するだろう」と言われていたら、どのように思ったでしょう?

「信じなかったと思うわ。その頃の私はまだ、ランキングも150位以下だったと思う。1年でこんなにも状況が変わるなんてクレージーだわ!

「もし、2週間前に言われていたなら、信じたでしょうね」

セレナと対決する機会がまたやってきました。どのように思われますか?

「彼女とは、常に対戦したいと思っていたわ。チームにも、セレナとは彼女が引退する前に必ず対戦したいと言ってきたの」

「すごく楽しみよ。テニス選手としても、人間としても、彼女はチャンピオンよ。彼女との対戦は楽しいものになると思う」

日に日に輝かしい成績を残していますが、初めてのグランドスラム準々決勝、準決勝はどのような気持ちですか?

「色々な感情や思いが体中をめぐっているところよ。でも、今はとにかく、今日勝利したことを実感しようとしているの」

「できれば、この勢いのまま決勝に挑みたい。そして、できるならば、今日よりもいいプレーをしたいわ」

勝利の瞬間のあなたの表情には、感情があふれ出ていましたね。あの瞬間には何を思っていたのですか?泣きそうに見えた瞬間に、喜びでジャンプされていましたね?

「小さいころから、ずっと夢に見てきた瞬間だったの。けれど、実際に現実になるなんて、思う人も少ないと思う」

「私にとっては、オークランドがすべての始まりだったわ。そしてインディアンウェルズ。とにかく、自分を信じ続けたの。でも、今日の勝利の瞬間は、とにかく衝撃だった。それでも、ここまで来るために、私は一生懸命戦ってきたから、自分が決勝に進むだけの力があったとも思っているわ」

セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に関しての、最初の思い出はどのようなものですか?彼女への考え方は、どのように変わりましたか?

「10歳くらいの時に、彼女の試合を観たことを覚えている。しっかりとした記憶はないけれど。彼女がほとんどのグランドスラムでタイトルを獲得するのを観てきた今大会で勝つと、24回目のグランドスラムタイトルになるのかしら?彼女はベストの戦いをしてくると思うわ」

「私もベストなプレーをするつもりよ。その中でベストな選手が勝利をつかみ取るでしょう(笑)」

「ロジャース・カップ」でのセレナとの対戦では、彼女の戦い方を感じ取ることができましたか?それは、決勝戦での試合に役に立つと思われますか?

「そうですね。背中に痛みを感じていた中での試合ですから、セレナがベストのプレーをしていたとは思わないけれど、彼女の打つ球の感覚は、少しつかめたように思う」

オークランドでの「ASBクラシック」、インディアンウェルズでの「BNPパリバ・オープン」から、どのように進化しているとお考えですか?

「オークランドでは、トップ10選手に初めて勝利して、そのすぐ後に、テニス界の真のチャンピオンである、ビーナス・ウイリアムズ(アメリア)に勝ったの。だから、インディアンウェルズの時とは、少し違った感情があったわ。本当の意味での勝利を初めて掴みとった大会だったの。私にとって最高の勝利だったわ」

「そこからは、とにかく自分を信じ続けてきた。あの大会からは、私の自信も急上昇したわ。"全豪オープン"でも、いいプレーをしたと思っている。予選を突破して、本戦の1回戦は勝ったはずよ」

「今や、決勝に挑もうとしているなんて、本当にスペシャルだわ」

テイラー・タウンゼント(アメリカ)と対戦した時に、観客に対して少し不満を感じていたように見受けられましたが、セレナと対戦では、観客はどのようになると予想していますか?

「その通りよ。決勝での観客がどのようになるのかは分からないけれど、私を応援してくれるカナダ人もいてくれると嬉しいわ。テイラーとの試合では、少しカナダ人の応援の声も聞こえていたから。もちろん、会場中がセレナを応援することになると思うけれど、私はただそれに対応するしかないと思う」

昨年予選を戦ったあなたの姿を見ていないファンのために、1年間でどれほどあなたが選手として変化したか、そして、プレースタイルやメンタル面がどう変わったのか、教えてください。

「全体的に、私はただ強くなったのだと思う。試合においてもね。多くの怪我を乗り越えてきたことで、多くのことを学んだわ。素晴らしいチームにも恵まれている。今は、スポーツトレーナーにも帯同してもらっているの。そのお陰で、今大会を通してまったく身体のどこにも痛みがないの。これには助けられているわ」

「色々なことが互いに積み重なって、それが私にうまく作用しているということなのだと思うわ」

今日の試合は2セットとも、ベンチッチを追いかける形になりましたね。ベンチッチのどういったプレーに苦しめられましたか?また、どのように対処して追い上げることができたのでしょうか?

「とても難しい試合だったわ。彼女は、すべてのショットをフラットで強打してきたの。膝をついて返球しなくてはならなかったわ。彼女との試合は楽しいものではなかったわ。でも、それは彼女が素晴らしい選手だということだと思う」

「とにかく、彼女のプレーに対処しきれたことがうれしい。リズムを変えようと、できる限り頑張ったわ。結局、最初から最後まで、リズムを変えることに必死だったように思う」

「とても、難しかった。深いフラットのボールを打つ選手と対戦している時には、本当難しいことなの。結局のところ私が勝てた理由は、あきらめずに戦い続けたことだと思うわ」

後半記事に続く

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」で11日目勝利直後のアンドレスク

(Photo by Tim Clayton-Corbis/Getty Images)