「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会12日目、男子シングルス準決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第24シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦。第2セットをナダルが6-4で奪い、決勝進出まであと1セットとした。

第2セットはベレッティーニのサービスゲームから。第1セットを7-6(6)で先取したナダルは、第1、第3ゲームと序盤でブレークポイントを握るが、いずれもベレッティーニにしのがれてしまう。

それでも第7ゲームでまたもブレークポイントを握ると、ついにこの試合初となるブレークに成功する。

ブレーク直後の第8ゲームでは自身のダブルフォルトやミスもあり、デュースにもつれる。しかし気迫のプレーでキープし、リードを保った。

そしてゲームカウント5-4で迎えた第10ゲームをラブゲームでキープし、決勝進出まであと1セットに迫った。

試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのナダル

(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)