「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会12日目、男子シングルス準決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第24シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦。第1セットはナダルが7-6(6)で先取した。

ナダルはベレッティーニについて「彼はビッグなフォアハンドを持っている。そして、この大会では大きな自信を持ってプレーしているので、僕にとって大きなチャレンジになると思う」と警戒。ナダルがベテランの意地で勝利を掴み、4度目の優勝へまた一歩前進するのか、それともベレッティーニがさらに快進撃を続けるか注目される。

第1セットはナダルのサービスゲームからスタートした。ナダルは第2ゲームでいきなりチャンスを作るが、ベレッティーニにしのがれる。

ここからしばらくは、両者ともにチャンスを与えずに安定したキープが続いた。

ナダルは第8ゲームでも3本、第10ゲームでも1本のチャンスを作ったが、いずれもベレッティーニに強力なサーブでしのがれる。ナダルが優勢だが、ベレッティーニもあと1本を許さない。

そして第1セットは両者ブレークがないまま、タイブレークへ。ナダルはここで4ポイント連続で落とすも、逆転し第1セットを先取した。

試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのナダル

(Photo by Al Bello/Getty Images)