TEAM1P2P3P4P
新潟産業大
早大10
▽得点者
土屋3、塗師3、百田2、松本、榎本

 早大が最も力を入れている大会・日本学生選手権(インカレ)が幕を開けた。今大会に向け、夏の期間中にディフェンスや泳力を強化してきた早大は優勝を目指し、3日間の戦いに挑む。初日の相手は関東学生リーグ戦(リーグ戦)でも対戦経験があり、インカレ直前に行われた合宿でも練習を共にした新潟産業大。「お互いをよく知っているので不安だった。」(百田恵梨花、スポ4=埼玉・秀明英光)と語ったが、早大主導で試合は進む。強化してきたディフェンス練習の成果も発揮され、最終ピリオドは無失点。危なげなく初戦を突破した。

 第1ピリオド。榎本有希(スポ2=千葉・芝浦工大柏)が幸先良く先制点を決めた直後、相手に2点を奪い返される。これ以上の失点を防ぎたい早大はディフェンスを重視しながらも果敢にシュートを放つ。しかし「シュートの決定率が悪かった。」(百田)と振り返ったように本数が得点に比例せず。それでも百田、土屋セナ(創理3=千葉・芝浦工大柏)と着実に得点を重ね、第2ピリオドでは攻撃の中心となる塗師葵(社2=東京・藤村女)を中心に4得点。守りでは、残り1秒で攻撃に徹した相手チームのゴールキーパーが点を決めるビッグプレーも出たが、最少失点で抑え前半を7―4で終える。


先制点をもたらした榎本

 後半戦も、パスを受けた百田がゴール付近で放ったシュートが決まり早大の得点から始まった。自陣のゴール前で松本桃子(先理3=神奈川大付)、菅野映生(スポ3=東京・藤村女)らがボールを奪い攻撃に繋げる場面が見られたが、ここでもなかなかその後は得点に結びつかない。逆に相手は早大が苦手とするループシュート2本を含む3得点を挙げ9―7で最終ピリオドを迎える。「無駄に下がらず当たれていた」(百田)とディフェンスで手応えを感じていたように、最後までプレスをかけていきゴールを死守する。得点は開始早々に塗師が決めた1点に留まったが、失点は0に抑え試合終了。10―7で相手を下した。


パスカットする百田

 ゴール近くでシュートを打たせなかったり攻撃のリズムをつくるディフェンスをするなどいいプレーが見られた一方、百田も語ったようにシュートが枠の外やキーパーに阻止されるなど本数に対して決定率が伸び悩んだ。また、相手の(※)退水数に比べると得点数には少し物足りなさも感じたようだ。あすの対戦相手は強豪校・東女体大だ。攻撃のスピードや強さに対応するディフェンスはもちろん、少ないチャンスを確実に得点に結びつけることもより重要となるだろう。あすは攻守共に満足のいくプレーを目指し、山場となる試合を乗り越えたい。
 

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

(記事 飯塚茜、写真 芦澤りさ、佐鳥萌美)

コメント

百田恵梨花主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――インカレ初日を振り返っていかがですか

新潟産業大はインカレ前もずっと合宿で練習していた相手でお互いのことをよく知っているので少し不安だったのですが、勝ちきれて良かったです。

――合宿ではインカレに向けてどのような練習をしましたか

1番はディフェンスを強化したかったので、連係や下がり方の練習をしました。泳力も落としたくなかったのでみんなでスイムをして泳ぐ力を付けました。

――きょうの試合でのディフェンスはいかがでしたか

無駄に下がって上を空けないようにみんな当たれていたので、そこはできていたと思います。回されたりすることも少なかったと思うので良かったです。

――今大会での目標を教えて下さい

優勝を目指しています。きょうは退水でのシュート決定率が良くなかったので、そこを強化したいです。あすは厳しい試合になるの思いますが、一戦一戦頑張っていきたいです。

――あすの東女体大戦へ意気込みをお願いします

自分たちよりも上のチームと戦うことになるのですが、やることは変わらないので今まで通りディフェンスを重視してやっていきたいです。あとシュートの決定率が悪かったのであすは決めきれるようにしたいです。